11nが好き

Double Helix

【SwSh.S5シングル】STAR ELEMENTS【最終7位.12位】

 

TN:Crocus、Halcyon でランクマッチに潜っていました。
S5最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20200430021436j:image

※レンタルチームは公開しています。

 

[構築経緯]

トリックルームを採用したミミッキュの切り返し性能、てっぺきを採用したナットレイの詰め性能に着目しこの2匹から構築を組み始めました。

ミミッキュ.ナットレイの型の都合上ダイマックスを強く使えないためダイマックス前提で強いポケモンとしてナットレイとの補完も優れたトゲキッスを採用。

トゲキッスの構成上カビゴン入りに対して選出したくなかったためカビゴン入りを意識したダイマックス枠として高火力かつ技範囲の広いホルードを採用。

ここまでで厳しいほのおタイプ.ラプラス.受け構築への抵抗としてラプラスアイアント.ヒヒダルマ.ルカリオを誤魔化すためにヒートロトムを採用した。

 

[コンセプト]

・対面的に動きつつタイプ補完で最低限のサイクルをする。

トゲキッスorホルードの初手ダイマックスからの逃げ切り、初手ヒートロトムの奇襲からのゲームメイクを使い分ける。 の2点

 

[個体紹介] ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

ミミッキュ

f:id:raltsZ:20200416064556g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:ばけのかわ
実数値(努力値):159(228)-156(252)-104(28)-x-125-116
技構成:じゃれつく/かげうち/トリックルーム/のろい

H:8n-1かつ10n-1
A:特化
B<Dなので余りB

構築の組み始め。最もスペックの高いポケモンだと思っているので採用した。

持ち物は構築唯一の先制技持ちで縛れる範囲を広げたかったためいのちのたま。

技構成はドラゴンへの打点となるタイプ一致技としてじゃれつく、先制技としてかげうち、切り返しの技としてトリックルーム、詰ませへの抵抗と自主退場技としてのろいの4つを選択。

配分はHAベース。多くのポケモンが役割対象なので汎用性のある調整にした。

かげうちによる縛りやじゃれつくのある程度の対面性能、トリックルーム+のろいによる切り返し.詰め性能が強力でした。

 

ナットレイ

f:id:raltsZ:20200416064656g:image
持ち物:オッカのみ
性格:のんき
特性:てつのトゲ
実数値(努力値):181(252)-114-201(252)-x-137(4)-22 ※S個体値0~1
技構成:ジャイロボール/ボディプレス/てっぺき/やどりぎのタネ

HB振り切り、最遅 

ほのおタイプ以外に撃ち合える性能、トリックルームとの相性の良さ、詰ませが出来る点を評価して採用した。

持ち物はトゲキッス.ドラパルト等に怪しいながらも居座る選択肢のあるオッカのみ。選出のしやすさが他の持ち物とは段違いです。

技構成はフェアリーへの打点となるタイプ一致技としてジャイロボール、後述するてっぺきと相性の良くドリュウズ等への打点となるボディプレス、ある程度の受けと詰ませ.ボディプレスの火力を上げることが出来るてっぺき、定数ダメージ.サイクル補助のやどりぎのタネの4つを選択。

配分は対物理とボディプレスの火力を意識してHB特化、たべのこしを持たせていないことからミラーを意識してS個体値を上げる必要は無いと判断してジャイロボールの火力を上げる最遅とした。

オッカのみを持たせることによるある程度の対面性能とミミッキュトリックルームを絡めることによる役割集中の回避が強力でした。

 

トゲキッス

f:id:raltsZ:20200416064759g:image
持ち物:ピントレンズ
性格:おくびょう
特性:きょううん
実数値(努力値):161(4)-x-115-172(252)-135-145(252)
技構成:エアスラッシュ/だいもんじ/くさむすび/げんしのちから

CS振り切り、最速

1枚目のダイマックス枠として採用した。

持ち物は特性と合わせて足りない火力を5割で補えるピントレンズ。じゃくてんほけんでも使用してみたが弱点を突かれなかった時の撃ち合いの弱さ、トゲキッスより遅いポケモンに1ターン目からは高火力が出せない点が気になったので最終的には使用しなかった。

技構成はタイプ一致技かつダイジェットの元技になるエアスラッシュ、ほのお技としてダイバーンの火力の高いだいもんじ、みずタイプやドサイドン等にダイソウゲンとして撃つくさむすびヒートロトムへの打点となりダイロックできあいのタスキを潰せるげんしのちからの4つを選択。

配分はおくびょうCS特化。ひかえめS実数値121個体を序盤は使用していたがホルードとの撃ち合いに負けたりS+1でドラパルトの上を取れずに負ける対戦が目立ったため最速を取れるおくびょう個体に変更した。

後述するホルードの選出しにくいバトン.壁構築、トゲキッスにタイプ受けを狙う構築に対する場荒らしが強力でした。

 

ホルード

f:id:raltsZ:20200416064850g:image
持ち物:ノーマルジュエル
性格:いじっぱり
特性:ちからもち
実数値(努力値):161(4)-118(252)-97-x-97-130(252)
技構成:じしん/ギガインパクト/とびはねる/かみなりパンチ

AS振り切り、準速

2枚目のダイマックス枠として採用した。

持ち物はダイアタックの火力を上げるためのノーマルジュエル。最終日前日までラムのみも気分で使用していたがおにびドラパルト.カバルドンとマッチングする機会が少なかったので最終日は使用しなかった。

技構成はタイプ一致のじめん技として命中安定かつ高火力のじしん、タイプ一致のノーマル技としてダイアタックの火力の高いギガインパクト、ダイジェットの元技としてとびはねる、アーマーガアに対する打点とあくびの一貫をダイサンダーで切るためのでんき技として反動の無いかみなりパンチの4つを選択。つるぎのまいは選択出来る対面が少なすぎるので非採用。

配分はいじっぱりAS特化。ようきならS+1で最速ドラパルトの上から行動出来るがロトムに対するダイアタックの乱数等を考慮していじっぱりにした。

おにびの絡まないカビゴン入りに対して数的有利を取りつつ崩せる点が強力でした。

 

ラプラス (キョダイ個体)

f:id:raltsZ:20200416064956g:image
持ち物:たべのこし
性格:おくびょう
特性:ちょすい
実数値(努力値):225(156)-94-101(4)-115(76)-125(76)-115(196)
技構成:うたかたのアリア/フリーズドライ/みがわり/じわれ

H:16n+1
HD:C150ラプラスフリーズドライをみがわりが15/16耐え
S:S116ミミッキュ-1

ほのおタイプへの撃ち合いが出来る点、ぜったいれいどの一貫切り、受け構築への抵抗として採用した。

持ち物は行動回数を増やすためにたべのこし。

技構成はタイプ一致のみず技としてみがわりを貫通出来るうたかたのアリア、タイプ一致のこおり技としてみずタイプにも弱点を突けるフリーズドライダイマックス枯らし.低火力ポケモンに有効なみがわり、ラプラス.モスノウ等にも無効化されない一撃必殺として非接触技であるじわれの4つを選択。

配分はおくびょうHSベース。準速60族を意識したロトム等の上を取りつつトリックルーム状態でミミッキュの上から行動するためにS実数値は115にした。ダイアースの火力意識でA個体値は31。

有利対面やのろい.キョダイセンリツと合わせたみがわりとじわれによる強引な崩しが強力でした。

 

ヒートロトム

f:id:raltsZ:20200416065045g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:おくびょう
特性:ふゆう
実数値(努力値):127(12)-x-127-156(244)-127-151(252)
技構成:オーバーヒート/ボルトチェンジ/あくのはどう/トリック

H:16n-1
S:最速

トゲキッス.ホルードの2匹が共通して不利かつここまででで厳しいアイアント.ヒヒダルマ.ルカリオを役割対象としてタイプ補完が優れている点を評価して採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ。序盤は役割対象に対する誤魔化しが出来そうな(HB)オボンのみで使用していたが使用感が悪くこだわりハチマキヒヒダルマを筆頭にこだわりスカーフ非考慮の立ち回りを多くされたので変更した。

技構成は役割対象に対する打点となるタイプ一致技としてオーバーヒート、対面操作が可能なタイプ一致技としてボルトチェンジ、ドラパルトへの打点してあくのはどう、崩し.詰めが可能なトリックの4つを選択。あくのはどうイカサマにすればつるぎのまいミミッキュに強くなりますが相手のヒートロトムに対する微打点が欲しかったのであくのはどうを使い続けた。

配分はほぼおくびょうCS特化。相手のロトムに対して上から行動出来る前提で立ち回るために最速とした。

こだわりスカーフを考慮しないプレイヤーに対する奇襲とマッチングする機会の増えていたノーマル技を採用していないたべのこしカビゴンに単体で詰め筋となる点が強力でした。

 

[選出]

ホルードorトゲキッス+ミミッキュ+ナットレイorラプラス (基本選出)

ラプラス+ミミッキュ以外から2匹 (VS受け構築)

ヒートロトム+2匹 (アイアント.ヒヒダルマ.ルカリオ入り) ※並び次第では例外あり

ミミッキュ.ナットレイ.ラプラスは初手では殆ど選出しなかった。

 

[重いポケモン]

・エースバーン
ほのおタイプ自体重い構築だがその中でもダントツで厳しい。ナットレイは選出せずにダイマックスorトリックルームを絡めて倒すようにしていた。

ルチャブル.オノノクス
ストッパーの役割をミミッキュに一任しているので厳しい。トゲキッスを出来る限り選出したりナットレイのてっぺきで詰ませを狙うようにしてた。

はやいロトム、ラムのみカビゴン等も厳しめですが割と勝てたので省略。エースバーンにはほぼ全敗しました。

 

[結果]

Crocus:最終7位.194勝93敗

f:id:raltsZ:20200808173310j:image
f:id:raltsZ:20200808173442j:image

 

Halcyon:最終12位.89勝24敗 ※ホームでは0²表記

f:id:raltsZ:20200808173544j:image
f:id:raltsZ:20200808173548j:image

 

[感想等]

自身の最高最終順位を1年半振りに更新し初めて最終1桁順位を取れて嬉しいです。

構築としては粗もありますが数が多く型も豊富なドラパルト.トゲキッスに対して素引きという選択をすることが少ない点が良かったと思います。

切断バグの被害を4/24以降受けず最終日の試合内容も運が良いものが多かったので本当に恵まれていました。

4/29夜~5/1朝までの対戦履歴↓ 
パージュ (@tumteria) 's Live - TwitCasting

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします。

閲覧ありがとうございました。

 

構築名のSTAR ELEMENTSはアイマスのユニット名から。

f:id:raltsZ:20200412195055j:image

【SwSh.S2シングル】カビヌオー運ゲ【最終95位】

 

TN:Я でランクマッチに潜っていました。
S2最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20200201021008j:image

※レンタルチームは削除してます。

[構築経緯]

誤魔化し性能の高いあくび+まもる.ヌオーから構築を組み始めた。

次にヌオーとの相性補完に優れ受け寄りのサイクル.状態異常からの積み+ダイジェットが可能なアーマーガアを採用した。

ヌオー+アーマーガア+攻め駒 の選出が強いと考えていたため(この構築では弱い)
1.範囲の広く.ヌオーが無力なみがわりを無視して攻撃が出来るドラパルト
2.ヌオー+アーマーガアへの崩しに対して汎用性のあるストッパーになりつつ積みエースとなれるミミッキュ
の2匹を採用した。

ここまでで特殊アタッカー.ギャラドス.ヒヒダルマへの対処が難しかったためカビゴンを採用した。

最後にこの5匹で重いドヒドイデが絡むような受け寄りの構築に対して無力だったため始めはパッチラゴンを採用していたが受け寄りの構築に潰しとして採用されがちなヒヒダルマ.ミミッキュに不利な点が気になったためヒヒダルマ.ミミッキュの潰しに強く受け寄りの構築に対してハサミギロチンで負荷を掛けることが出来るオノノクスを最終的に採用した。

 

[コンセプト]

・ヌオーの状態異常を絡めて有限ポケモンを低リスクで後投げする。
・有限ポケモンの技範囲を広げて居座れる範囲を広くする。 の2点


[個体紹介] ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

・ヌオー

f:id:raltsZ:20200113160803g:image

持ち物:たべのこし
性格:ずぶとい
特性:てんねん
実数値(努力値):202(252)-x-150(252)-86(4)-85-55
技構成:ねっとう/じこさいせい/あくび/まもる

HB:特化
C:H131-D125ミミッキュのみがわりを確定破壊

構築の組み始め。

持ち物は足りない数値を補え、あくび.まもると相性の良いたべのこし。

技構成は追加効果の強いタイプ一致技としてねっとう、回復技としてじこさいせい、対面操作.詰め.積みへの補助としてあくび、たべのこし.あくびと相性の良いまもるの4つを選択。

努力値ミミッキュ.物理ドラパルトを意識してHB特化.余りをCに振ることで耐久に割いていないミミッキュのみがわりを確定破壊にすることが出来る。

数値が足りないポケモンですが特性による積みへの耐性と状態異常による補助が強力でした。

 

・アーマーガア

f:id:raltsZ:20200117073103g:image

持ち物:ラムのみ
性格:いじっぱり
特性:ミラーアーマー
実数値(努力値):173-152(252)-126(4)-x-105-119(252) 
技構成:ブレイブバード/ちょうはつ/ビルドアップ/はねやすめ

A:特化
S:準速.+1で最速109族抜き(アイアント)

どくどくと地面の一貫を切れるポケモン

持ち物は状態異常による機能停止を1度だけ防げるラムのみ。

技構成はタイプ一致技としてブレイブバード、搦め手を封じるちょうはつ、強力な積み技としてビルドアップ、回復技としてはねやすめの4つを選択。

努力値は耐久に振るメリットも最速を取るメリットも少なく感じたためいじっぱりAS特化で使用した。

選出する機会は少なかったですがタイプと搦め手を封じることが出来る優秀なポケモンでした。

 

・ドラパルト

f:id:raltsZ:20200117073240g:image

持ち物:きあいのタスキ
性格:むじゃき
特性:すりぬけ
実数値(努力値):163-172(252)-95-121(4)-85-213(252)
技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/だいもんじ/とんぼがえり

S:最速

みがわりに強い対面駒。

持ち物は行動保証が欲しいためきあいのタスキ

技構成は命中安定のタイプ一致技としてドラゴンアロー.ゴーストダイブ、鋼タイプに撃つだいもんじカビゴンと合わせてきあいのタスキギルガルドを対処出来る対面操作ワザとしてとんぼがえりの4つを選択。

努力値は相手のドラパルトが辛かったので最速.火力も削れないためようきAS特化で採用した。

序盤にとんぼがえりで掻き乱して終盤にダイマックスで一貫を取りに行く動きがシンプルに強力でした。

 

ミミッキュ

f:id:raltsZ:20200116233238g:image

持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:ばけのかわ
実数値(努力値):131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
技構成:じゃれつく/かげうち/つるぎのまい/ウッドハンマー

A:特化.+2いのちのたまウッドハンマーでH215-B171カバルドンまで確定落ち
S:準速

先制技と積み技を自然に採用出来る対面駒。

持ち物は足りない火力を補えるいのちのたま。

技構成はドラゴンに抜群を取れるタイプ一致技としてじゃれつく、先制技としてかげうち、強力な積み技としてつるぎのまい、構築で被選出率の高いカバルドン.ドサイドン.水地面に刺さるウッドハンマーの4つを選択。

努力値はようきでは火力が足りないためいじっぱりA特化、トゲキッス.ギャラドスの上を取るための準速で採用した。

一発芸ではあるものの最終日にマッチングする機会の多かったカバルドン展開に勝つことが出来たのはこのポケモンのお陰です。

 

カビゴン (通常個体)

f:id:raltsZ:20200116233102g:image

持ち物:とつげきチョッキ
性格:いじっぱり
特性:あついしぼう
実数値(努力値):235-178(252)-117(252)-x-130-51(4) 
技構成:のしかかり/アイアンヘッド/じしん/かみなりパンチ

S:余り.ミラー意識

特殊アタッカーに強い対面駒。

持ち物は対特殊アタッカーを意識したとつげきチョッキ

技構成は追加効果の強いタイプ一致技としてのしかかり、相手にダイマックスされても無効化されない鋼技としてアイアンヘッドギルガルド.ジュラルドンへの打点としてじしん、ギャラドスへの打点としてかみなりパンチの4つを選択。

努力値は火力と耐久を両立出来るいじっぱりAB特化。ミラーが起きるかはさておきカビゴンはかなり個体数が多いため余りはSに振り得だと感じた。

ヌオーが苦手なラムのみ持ちに強く撃ち合い性能も高いため多くの構築に選出し活躍していました。

 

オノノクス

f:id:raltsZ:20200131092148g:image

持ち物:こだわりスカーフ
性格:ようき
特性:かたやぶり
実数値(努力値):151-199(252)-111(4)-x-90-163(252) 
技構成:げきりん/アイアンテール/インファイト/ハサミギロチン

A:振り切り
S:最速.最速ミミッキュ+1

崩し枠。

持ち物はこだわりスカーフヒヒダルマの上を取るためにこだわりスカーフ

技構成はタイプ一致技としてげきりんミミッキュへの打点としてアイアンテールヒヒダルマに命中安定で撃てるインファイト、受け構築を強引に崩すハサミギロチンの4つを選択。

努力値は急遽採用したポケモンだったため陽気AS特化で採用していたがハサミギロチンの試行回数を増やすためにAを削って耐久に回しても良かったかもしれない。

ドラゴンタイプでありながらヒヒダルマ.ミミッキュに強い点は評価出来ますが崩しの手段を一撃必殺に頼ってしまう点はマイナスでした。

 

[選出]

カバルドン展開:ミミッキュ+カビゴン+1
受け入り:オノノクス+アーマーガア+1
その他は刺さってるポケモン.重いポケモンに強いポケモンをベースに考えていきます。

 

[重いポケモン]

・ドラパルト
ルチャブル
コータス
ギルガルド 
タイプ:ヌル
・ジュラルドン
ドヒドイデ

型に関わらず厳しいポケモンのみ書きましたがいのちのたまギャラドスなども厳しいです。

 

[結果] 

Я:最終95位.101勝45敗 

f:id:raltsZ:20200808174452j:image
f:id:raltsZ:20200808174455j:image

 

[感想等]

自分が好きなクッションを絡めて対面で制圧する構築を組めて楽しく対戦することが出来ました。

反省点としてはシーズン終盤に掛けて構築で厳しいウッドハンマーを採用したミミッキュ.おにび(+みがわり)を採用したドラパルトとマッチングする機会が増えていたにも関わらず対策が出来なかった点で環境に合わせて構築を改善する力を付けたいと思いました。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします。

S2お疲れ様でした。

 

【USM.S17シングル】カバリザ運ゲ 【最高2119最終2058】

 

f:id:raltsZ:20191126131523j:image

 

[構築経緯]

自身がS14.S15でも使用したSBMさんの構築【S12最高最終2152】カバリザ運ゲ - BEAUTIFUL≒SENTENCEをベースに環境.使用感に合わせて微調整していきました。

 

[個体紹介] 

カバルドン

f:id:raltsZ:20190703171109g:image

持ち物:ゴツゴツメット
性格:わんぱく
特性:すなおこし
実数値(努力値):215(252)-132-187(252)-x-92-68(4)
技構成:じしん/こおりのキバ/あくび/なまける

HB:特化
S:余り、ミラー意識

構築で重い物理ほのお、ドリュウズ等を受けるカバルドン

持ち物は役割対象を削るゴツゴツメット

技構成は、有象無象に撃つタイプ一致技としてじしん、ボーマンダ等の浮いてるポケモンに撃つこおりのキバ、対面操作.詰めに使えるあくび、回復技のなまけるの4つを選択。

努力値ミミッキュメガクチート等を意識してHBに振り切りました。

多くの構築に採用されているゲッコウガ.カプ・レヒレに隙を見せることもあり選出する機会は少なめでしたが物理受け.電気の一貫切りとして構築に欠かせないポケモンであると感じました。

 

 

リザードン

f:id:raltsZ:20190703171157g:image 

持ち物:リザードンナイトY
性格:ひかえめ
特性:もうか→ひでり
実数値(努力値):185(252)-111-113(116)-210(92)-136(4)-126(44) ※メガ後実数値
技構成:オーバーヒート/めざめるパワー(こおり)/かえんほうしゃ/じしん

HB:A216メガボーマンダすてみタックル耐え
C:H212-D110カバルドンを晴れオーバーヒートで15/16で落とせる
S:S125リザードン抜き

対面駒のリザードン

持ち物はメガシンカするためのリザードンナイトY。

技構成は、対面性能を意識したタイプ一致技のオーバーヒート、ボーマンダに対する打点としてめざめるパワー(こおり)、命中安定の一致技としてかえんほうしゃヒードランへの打点としてじしんの4つを選択。

努力値は後述のミミッキュと相性の良く対面性能の高いHBベース。ミラー意識で参考元よりSを1上げたがCを落としたことで晴れかえんほうしゃメガミミロップを落とさないことがある等のデメリットがありました。

多くの構築に対して有利対面が作れれば数的有利が取れるため積極的に初手から選出していました。

 

 

カプ・テテフ 

f:id:raltsZ:20190703171715g:image

持ち物:こだわりメガネ
性格:ひかえめ 
特性:サイコメイカ
実数値(努力値):177(252)-x-114(148)-166(4)-145(76)-119(28)
技構成:サイコキネシス/ムーンフォース/サイコショック/シャドーボール

HB:A191メガリザードンXフレアドライブ耐え
A156ミミッキュミミッキュZ耐え
HD:C196アーゴヨンヘドロウェーブ耐え
C172メガボーマンダハイパーボイス×2耐え
S:-1最速110族抜き(メガメタグロス意識)

対面駒のカプ・テテフ

持ち物は対面性能を上げるこだわりメガネ。

技構成はタイプ一致技としてサイコキネシスムーンフォースウルガモス.ラッキー等に撃つサイコショックメタグロス.ギルガルドへの打点としてシャドーボールの4つを選択。

努力値リザードン対面で行動出来る可能性の高いようにHBDに厚く振りました。

選出する時はリスクがあるとしてもリターンを得られる可能性の高い行動を積極的にしていました。

 

 

ミミッキュ 

f:id:raltsZ:20190703171540g:image 

持ち物:ミミッキュZ
性格:いじっぱり
特性:ばけのかわ
実数値(努力値):161(244)-143(156)-114(108)-x-125-116
技構成:じゃれつく/かげうち/トリックルーム/のろい

HB:A233メガバシャーモフレアドライブを15/16耐え
HD:C101オニゴーリのC+2フリーズドライ×2耐え

対面駒、ストッパーのミミッキュ

持ち物は対面性能を上げるミミッキュZ。

技構成はタイプ一致技.ミミッキュZの元技としてじゃれつく、タイプ一致技.先制技としてかげうち、ストッパーとしての性能を上げるトリックルーム、詰め.自主退場技としてのろいの4つを選択。

努力値はばけのかわ無しでも多くの攻撃を耐えることが出来るHBベース。

ミミッキュZ+かげうちによる対面性能、トリックルーム+のろいによる切り返し.詰め性能が優秀で構築の核として素晴らしい活躍を見せてくれました。

 

 

ナットレイ 

f:id:raltsZ:20190703171303g:image

持ち物:フィラのみ
性格:のんき
特性:てつのトゲ
実数値(努力値):180(244)-114-194(204)-x-144(60)-22 ※S個体値
技構成:ジャイロボール/タネマシンガン/のろい/やどりぎのタネ

H:4n
HB:A147ゲッコウガ(へんげんじざい)のがんせきふうじ+けたぐりZを最高乱数2連続以外耐え

様々なポケモンへのクッションとしてナットレイ

持ち物は行動回数を増やすためのフィラのみ。

技構成は高火力のタイプ一致技としてジャイロボール、ゲッコウガ等のみがわりに強いタイプ一致技としてタネマシンガン、詰ませ性能の高いのろい、定数ダメージ.サイクル補助のやどりぎのタネの4つを選択。

努力値はカプZを意識して4n、特殊に対してはタイプで受けることが殆どだったため参考元と同じようにBに厚く振りました。

多くのポケモンに役割が持てますが役割破壊を持っていることも少なくないのでナットレイに一任せずに並びで対応することでサイクル性能.詰め性能が光るポケモンだと感じました。

 

デンジュモク 

f:id:raltsZ:20190703171635g:image 

持ち物:デンキZ
性格:おくびょう
特性:ビーストブースト
実数値(努力値):189(244)-x-102(84)-193-91-138(180) 
技構成:10まんボルト/めざめるパワー(こおり)/くさむすび/ほたるび

HB:A216メガボーマンダ.メガメタグロスのじしんを15/16で耐え
S:準速85族抜き(カプ・レヒレ意識)

サイクル構築に対する崩しとしてデンジュモク

持ち物は対面性能、崩し性能を上げるためのデンキZ。

技構成は命中安定のタイプ一致技の10まんボルトグライオンボーマンダ等への打点となるめざめるパワー(こおり)、ヌオー、カバルドンへの打点となるくさむすび、崩しを可能とするほたるびの4つを選択。

努力値カプ・レヒレを意識したS138、ボーマンダメタグロスに居座るためにHBラインを高めました。火力を落としたデメリットは、H振りカバルドンくさむすびで、耐久無振りメガボーマンダをめざめるパワー(こおり)で、耐久無振りメガメタグロスをデンキZで確定で落とせない点など様々でありますがカバルドン.ナットレイの定数ダメージで補えると判断しました。

デンキZを撃つかどうかの択になりがちでしたが相手視点でみがわり、さいみんじゅつZを考慮されたこと、S138まで伸ばしたデンキZを考慮されにくいことから対面のポケモンへの技選択が通ることが多かったです。

※Fascinate:くさむすびエナジーボール

 

 

[結果]

Valhalla:最高2119最終2038

Fascinate:最高2092最終2058 ※1979から使用

f:id:raltsZ:20191126092907j:image

f:id:raltsZ:20191127004724j:image

 

[後語り]

S17では最終1ページ目を目標に潜りました。1ページ目ボーダーは2125⤴︎であると判断したため最高レートで保存せず潜りましたが勝ちきれずに時間切れとなってしまいました。後悔してますが仕方ないので8世代でも何かしらの目標を立てて頑張りたいです。お疲れ様でした。

 

Twitter:@tumteria

 

 

 

 

 

 

 

[おまけ]※S14.S15の調整メモ

S14 2141pt 32位 

f:id:raltsZ:20191122093915j:image

f:id:raltsZ:20190808141722p:image

f:id:raltsZ:20191120082311j:imagef:id:raltsZ:20191120082320j:image

カプ・テテフ
HB:A233メガバシャーモフレアドライブ耐え
HD:C196アーゴヨンヘドロウェーブ耐え

デンジュモク
S:S125ミラー意識でS126

 

S15 2102pt 47位 

f:id:raltsZ:20191122094101j:image

f:id:raltsZ:20190808141814p:image

f:id:raltsZ:20191120082547j:imagef:id:raltsZ:20191120082556j:image

デンジュモク
S:S126.127グライオン等を意識してS130

【USM.S17シングル】ガルランドフィーネ 【最高2055】

 

最終盤この構築では戦えないと感じたため公開。

 

f:id:raltsZ:20191019045036j:image

 

[構築経緯]

ねこだまし+ふいうちメガガルーラ、HB霊獣ランドロス、HDギルガルドの3匹の選出が強力だったためこの3匹から組み始めました。

残りの3匹は流行しているカバルドン+ボーマンダ+カプ・レヒレや、グライオン+ポリゴン2に対して有利を取ることが出来るデンジュモク、処理が難しいほのお(リザードンウルガモス)、はがね(ナットレイテッカグヤ)に対して有利なヒードラン、ドラゴン、みずの一貫を切ることが可能なカプ・レヒレを採用しました。

デンジュモクヒードランカプ・レヒレはいずれも崩し性能の高い型で採用することで多様化している受け構築、サイクル構築の誰に対しても不利を取らないように(勝ち筋を作れるように)構築しました。

 

[コンセプト]

・数的有利を取る。

・最低限のサイクルで相手を崩す。の2点

 

[個体紹介]

・ガルーラ

f:id:raltsZ:20190914120615g:image

持ち物:ガルーラナイト
性格:いじっぱり
特性:きもったま→おやこあい
実数値(努力値):195(116)-191(228)-121(4)-x-122(12)-139(148) ※メガシンカ後実数値
技構成:ねこだまし/ふいうち/おんがえし/じしん

A:H145-B95カプ・テテフをおんがえしで確定1発
S:最速70族(キノガッサ)、準速85族(カプ・レヒレ)、S138リザードンウルガモス抜き
B<D:ダウンロードでAが上がる

メガ枠、軸となるガルーラ。

持ち物はメガシンカするためのガルーラナイト。

技構成は対面処理、詰めとして使えるねこだまし&ふいうち、タイプ一致技としておんがえし、ゲンガーを強く意識したタイプ不一致技としてじしんの4つを選択。

努力値カプ・レヒレキノガッサを意識してS139まで伸ばしました。耐久を落としたデメリットはカプ・コケコの10まんボルトZやメガメタグロスアームハンマーを乱数で耐えることが出来ない程度であると感じました。

ガルーラが行動回数を稼げば稼ぐほどアドバンテージを得られる対戦が多いため出来る限りガルーラを動かすことを試合中意識していました。

 

 

ランドロス(霊獣)

f:id:raltsZ:20190914120704g:image

持ち物:フィラのみ
性格:のんき
特性:いかく
実数値(努力値):196(252)-165-156(252)-125-100-100(4)
技構成:じしん/とんぼがえり/めざめるパワー(こおり)/どくどく

HB:特化
S:のんきランドロスミラーで上を取るために個体値31+4振り

物理ボーマンダミミッキュ等へのクッションとなるランドロス

持ち物は行動回数を稼ぐためにフィラのみ。

技構成はタイプ一致技のじしん、対面操作が可能なとんぼがえり、ボーマンダランドロスへの削り、起点回避となるめざめるパワー(こおり)、耐久ポケモンへの崩しとなるどくどくの4つを選択。

努力値ミミッキュ、物理ボーマンダを意識してHB特化。

居座り、引きに対して両対応になる盤面以外でとんぼがえりを選択すると負けに直結することが多々あったため毎ターン考えて選択しなければならないと感じました。

 

 

ギルガルド

f:id:raltsZ:20190914120825g:image

持ち物:たべのこし
性格:おだやか
特性:バトルスイッチ
実数値(努力値):165(236)-x-172(12)-71(4)-222(252)-81(4) ※シールドフォルム時実数値
技構成:シャドーボール/キングシールド/みがわり/どくどく

HB:シールドフォルム時にA156ミミッキュのシャドークローZを14/16耐え
HD:シールドフォルム時にC170ゲッコウガのねっとうをみがわりが15/16耐え
ブレードフォルム時にC171ギルガルドシャドーボールを確定耐え 

特殊アタッカーへのクッションとなるギルガルド

持ち物はキングシールドと相性の良く行動回数を稼ぐためにたべのこし。

技構成は通りの良いタイプ一致技のシャドーボール、たべのこしと相性の良くどくどくと合わせて詰めに使えるキングシールド、有利対面での安定択(中間択)や詰めとして使えるみがわり、耐久ポケモンへの崩しとなるどくどくの4つを選択。

みがわりの枠は構築ですばやさが遅いのでかげうちを採用するか非常に悩みましたが

・みがわりがないと崩しきれない、詰めきれない構築が多い、

・げきりゅうミズZゲッコウガに崩されにくくなる

この2点を評価してみがわりを優先的に採用しました。

努力値ゲッコウガ、ゲンガー、ギルガルドを強く意識してD特化、みがわりが残る相手が多く使用感は非常に良かったです。

みがわりを主にした崩しに弱いポケモンではありますがガルーラのねこだましである程度軽減することが出来るのでガルーラとの相性が非常に良いと感じました。

 

 

デンジュモク

f:id:raltsZ:20190914123053g:image

持ち物:デンキZ 
性格:おくびょう
特性:ビーストブースト 
実数値(努力値):189(244)-x-102(84)-193-91-138(180)
技構成:10まんボルト/めざめるパワー(こおり)/くさむすび/ほたるび

HB:A216メガボーマンダメガメタグロスのじしんを15/16耐え
S:準速85族抜き(カプ・レヒレ意識)

対面、崩しのどちらも可能なデンジュモク

持ち物は対面性能、崩し性能を上げるためのデンキZ。

技構成は命中安定のタイプ一致技の10まんボルトグライオンボーマンダ等への打点となるめざめるパワー(こおり)、ヌオー、カバルドンへの打点となるくさむすび、崩しを可能とするほたるびの4つを選択。

努力値カプ・レヒレを意識したS138、ボーマンダメタグロスに居座るためにHBラインを高めました。火力を落としたデメリットは、H振りカバルドンくさむすびで、耐久無振りメガボーマンダをめざめるパワー(こおり)で、耐久無振りメガメタグロスをデンキZで確定で落とせない点など様々でありますがガルーラの先制技で補えると判断しました。

デンキZを撃つかどうかの択になりがちでしたが相手視点でみがわり、さいみんじゅつZを考慮されたこと、S138まで伸ばしたデンキZを考慮されにくいことから対面のポケモンへの技選択が通ることが多かったです。

 

 

ヒードラン

f:id:raltsZ:20190914120919g:image

持ち物:ふうせん
性格:ひかえめ
特性:もらいび
実数値(努力値):197(244)-x-127(4)-166(4)-128(12)-128(244)
技構成:マグマストーム/だいちのちから/めざめるパワー(こおり)/ちょうはつ

HB:A216メガメタグロスアームハンマーを15/16耐え
S:S126.127グライオン抜き
B<D:ダウンロードでAが上がる

参考元:マグスト挑発風船ドラン 考察 - 芝Zで差をつけろ!

対面、崩しのどちらも可能なヒードラン

持ち物はグライオンカバルドンなどに対して役割が持てるふうせん。

技構成はバインドによる崩しが可能なタイプ一致技としてマグマストームドヒドイデへの打点となるだいちのちから、グライオンへの打点となるめざめるパワー(こおり)、崩しと起点回避に使えるちょうはつの4つを選択。

努力値は構築記事で一定数見かけたS126.127グライオンを意識して参考元より少しだけSに振りました。

後述するカプ・レヒレが弱い特性.さいせいりょくのポケモンが絡んだ構築に強く崩しとしての役割分担が出来ていました。

 

 

カプ・レヒレ

f:id:raltsZ:20190914123314g:image

持ち物:カプZ
性格:ずぶとい
特性:ミストフィールド
実数値(努力値):175(236)-x-180(228)-115-150-111(44)
技構成:しおみず/ムーンフォース/ちょうはつ/しぜんのいかり

H:16n-1
HB:A188メガミミロップねこだまし+おんがえし(やつあたり)×2確定耐え
A233メガバシャーモのかみなりパンチ×2を最高乱数2連続以外耐える
S:余り ミラー意識

対面、崩しのどちらも可能なカプ・レヒレ

持ち物は相手を選ばずに大きな削りが出来るカプZ。

技構成はカプZと相性の良いタイプ一致技のしおみず、ゲッコウガへの打点となるタイプ一致技としてムーンフォース、展開、回復を封じるちょうはつ、カプZの元技としてしぜんのいかりの4つを選択。

努力値ミミロップを強く意識してHBベース、クチート軸やメタグロス軸にも積極的に選出することが出来たが、ミミッキュオニゴーリの上から行動したいことも多かったのでおくびょうHSでもいいと感じました。

特性.さいせいりょくのポケモン以外には安定した削りができ、前述したヒードランと合わせて選出することで多くのサイクル構築を崩すことが出来ました。

 

 

[重いポケモン]

ミミッキュ

カプ・レヒレ

リザードンY

カミツルギ

オニゴーリ

構築で1番速いポケモンがガルーラのS139なので環境に多かったおくびょうカプZカプ・レヒレの入っている構築に多く負けました。

 

[基本選出]

ガルーラ+ランドロス+ギルガルド

基本選出。どくどくの通らない耐久ポケモン、どくどくを入れたいポケモン+カプ・レヒレに対してこの選出は不利を取るため注意。

 

[その他選出]

ガルーラ+ランドロス+デンジュモク

ガルーラ+ランドロス+カプ・レヒレ

ガルーラ+ギルガルド+カプ・レヒレ

ガルーラ+デンジュモク+ヒードラン

ガルーラ+ヒードラン+カプ・レヒレ

 

他にもありますが省略。

 

[結果]

Valhalla:最高2052

Fascinate:最高2055 

f:id:raltsZ:20191114223913j:image

 

構築名は〝冴えない彼女の育てかた Fine〟のFine(フィーネ)って響きが良かったのでつけました。楽曲の終止を意味するイタリア語でUSMが終わる今シーズンに合ってると考えてつけました。

 

最終盤やってたら頑張ります。

 

Twitter:@tumteria

【USM.S11~13シングル】グロスランドレヒレ【S12.2121】

f:id:raltsZ:20190109164012j:image [構築経緯] 1~6 

1.メタグロス
軸としてメガメタグロス。対面性能、特にミミッキュを意識して意地っ張りバレットパンチ持ちで採用。

2.カプ・レヒレ
水、ドラゴンの一貫を切れ、カバルドンをワンパン出来る水zカプ・レヒレ。マンダナットドランの並びを意識してめざ炎採用。

3.ランドロス
ここまでで一貫している電気、地面を意識してチョッキランドロスランドロスへの回答としてめざ氷採用。

4.ウルガモス
鋼絡みのサイクルを意識した混乱実ウルガモス

5.ポリゴンZ
受け構築、クレセゴーリを意識した騒ぐzポリゴンZ

6.ゲッコウガ
カバリザテテフ、壁コケコ展開を意識したダストシュート採用スカーフゲッコウガ

 

メタグロス

f:id:raltsZ:20190628141601g:image
持ち物:メタグロスナイト
性格:いじっぱり
特性:クリアボディ→かたいツメ
実数値(努力値):171(124)-210(204)-170-x-130-153(180) ※メガ後実数値
技構成:アイアンヘッド/しねんのずつき/バレットパンチ/アームハンマー

~調整意図~
A:バレットパンチでH131-B100ミミッキュを13/16落ち
HB:A216一致じしん確定耐え
A156ミミッキュのシャドークローzを15/16耐え
S:準速100族抜き

怯みの追加効果含め多くの構築に選出し活躍した。
相手のメガメタグロスが重いため地震を採用したかったがどの技も外すことが出来ない。
s13では何回もカウンターで返り討ちにあった。
選出率1位

 

ランドロス

f:id:raltsZ:20190628143656g:image
持ち物:突撃チョッキ
性格:呑気
特性:威嚇
実数値(努力値):195(244)-165-143(156)-125-114(108)-99
技構成:じしん/がんせきふうじ/とんぼがえり/めざめるパワー氷

~調整意図~
HB:A143ミミッキュの+1ミミッキュz確定耐え
HD:C147カプ・コケコのめざ氷2耐え

リザードンに対して鬼羽型でない限り対面からxy問わず勝てたり、ギルガルドに対して基本的に後投げから1回行動出来るのが偉いと感じた。
選出率2位

 

ウルガモス

f:id:raltsZ:20190628142704g:image

持ち物:ウイの実
性格:控えめ
特性:炎の体
実数値(努力値):191(244)-x-96(84)-176(36)-126(4)-138(140)
技構成:かえんほうしゃ/ギガドレイン/めざめるパワー氷/ちょうのまい

~調整意図~
H:木の実の回復量意識で奇数最大
HB:A143ミミッキュの+2ミミッキュz確定耐え
C:D130メガメタグロスに火炎放射が138~164ダメージ
S:S+1で最速135族抜き (メガミミロップメガライボルト意識)

主にグロス軸に選出したが岩技を採用したメガメタグロスや裏にオニシズクモ、スカーフランドロスがいる構築などが多かったため活躍の機会が少なかった。
Cラインが高く無いため相手のメガメタグロスをワンパン出来ないが自分のメガメタグロスバレットパンチで火力を補うことが出来る(B170メガメタグロスに対してA210メガメタグロスバレットパンチが18~22ダメージ)ため困ることは少なかった。
選出率4位

 

カプ・レヒレ

f:id:raltsZ:20190628143130g:image
持ち物:水z
性格:控えめ
特性:ミストメイカ
実数値(努力値):167(172)-x-135-154(196)-150-123(140)
技構成:ハイドロポンプ/ムーンフォース/目覚めるパワー炎/瞑想

~調整意図~
H:出来るだけ高く
C:H153-D105メガリザードンXを水zで確定落ち
S:準速70族抜き (キノガッサメガラグラージ意識)

特性のミストメイカーが優秀でグロスヒレの並びでキノガッサに強く出れたりする。
s13ではレヒレミラー、炎zヒトムに殆ど上から行動されたためCSベースで採用したいがvsメガギャラドス、雨パを意識するとこれ以上耐久は削れない。
グロス軸を組むにおいて必須レベルの性能を持っていると感じた。
選出率3位

 

ゲッコウガ

f:id:raltsZ:20190628143142g:image
持ち物:拘りスカーフ
性格:やんちゃ
特性:変幻自在
実数値(努力値):147-160(244)-88(4)-124(4)-82(4)-174(252)
技構成:ダストシュート/冷凍ビーム/岩石封じ/蜻蛉返り

~調整意図~
A:効果抜群蜻蛉返りでB87~88ゲッコウガに対して乱数が動かないライン(14/16で落ち)
HB:A147ゲッコウガのタイプ一致蜻蛉返りに対して乱数が動くライン (10/16耐え)
C:H148-D94アーゴヨンに対して乱数が動くライン(8/16落ち)
S:準速スカーフアーゴヨン抜き

最速ASで採用していた時期もあったが相手のゲッコウガを落とせないことが多くかなり気になったので準速ASで採用した。
s11~s12まで岩石封じの枠は岩雪崩で採用していたが命中率が高く相手にスカーフ以外の型を考慮させられる可能性のある岩石封じをs13では使用した。
選出率6位

 

ポリゴンZ

f:id:raltsZ:20190628143032g:image
持ち物:ノーマルz
性格:控えめ
特性:適応力
実数値(努力値):191(244)-x-91(4)-187(116)-100(36)-124(108)
技構成:騒ぐ/シャドーボール/身代わり/悪巧み

~調整意図~
C:H212-D110カバルドンに対して騒ぐzで確定落ち、
H335-D148輝石持ちラッキーを+4騒ぐzで15/16落ち
S:最速60族抜き(ギルガルド意識)

s12まではグロスガルド対面ゴースト技読みポリZ引きが殆どの試合で通ったがs13では毒々、聖なる剣などの読み行動を選択されることが多くvsガルド入りへの活躍機会は少なくなった。
受け構築に対する対抗手段がこのポケモンのみなのでバンギラス入りの受け構築に基本勝てません。
選出率5位

 

[基本選出]
メタグロス+ランドロス+カプ・レヒレ

 

[結果]
S11 TN:Lovemarginal 最高&最終2057
S12 TN:パージュ 最高&最終2121
S13 TN:ゆり 最高2081最終2062f:id:raltsZ:20190109174639j:image

[雑感]
・1試合に命中不安を複数回選択しなければならない試合が多く構築の不安定さを感じた。
・高耐久ポケモンに対して崩しの手段が少なく簡単に負けてしまうことが少なくなかった。
・6匹全員ある程度汎用性の高いポケモンを採用したので特殊な構築(意識していない構築)に対しても戦いやすかった。

 

Twitter:@tumteria