11nが好き

Double Helix

【SwSh.S5シングル】STAR ELEMENTS【最終7位.12位】

 

TN:Crocus、Halcyonでランクマッチに潜っていました。
S5最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20200430021436j:image

※レンタルチームは公開しています。

 

[構築経緯]

トリックルームを採用したミミッキュの切り返し性能、てっぺきを採用したナットレイの詰め性能に着目しこの2匹から構築を組み始めました。

ミミッキュ.ナットレイの型の都合上ダイマックスを強く使えないためダイマックス前提で強いポケモンとしてナットレイとの補完も優れたトゲキッスを採用。

トゲキッスの構成上カビゴン入りに対して選出したくなかったためカビゴン入りを意識したダイマックス枠として高火力かつ技範囲の広いホルードを採用。

ここまでで厳しいほのおタイプ.ラプラス.受け構築への抵抗としてラプラスアイアント.ヒヒダルマ.ルカリオを誤魔化すためにヒートロトムを採用した。

 

[コンセプト]

・対面的に動きつつタイプ補完で最低限のサイクルをする。

トゲキッスorホルードの初手ダイマックスからの逃げ切り、初手ヒートロトムの奇襲からのゲームメイクを使い分ける。 の2点

 

[個体紹介] ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

ミミッキュ

f:id:raltsZ:20200416064556g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:ばけのかわ
実数値(努力値):159(228)-156(252)-104(28)-x-125-116
技構成:じゃれつく/かげうち/トリックルーム/のろい

H:8n-1かつ10n-1
A:特化
B<Dなので余りB

構築の組み始め。最もスペックの高いポケモンだと思っているので採用した。

持ち物は構築唯一の先制技持ちで縛れる範囲を広げたかったためいのちのたま。

技構成はドラゴンへの打点となるタイプ一致技としてじゃれつく、先制技としてかげうち、切り返しの技としてトリックルーム、詰ませへの抵抗と自主退場技としてのろいの4つを選択。

配分はHAベース。多くのポケモンが役割対象なので汎用性のある調整にした。

かげうちによる縛りやじゃれつくのある程度の対面性能、トリックルーム+のろいによる切り返し.詰め性能が強力でした。

 

ナットレイ

f:id:raltsZ:20200416064656g:image
持ち物:オッカのみ
性格:のんき
特性:てつのトゲ
実数値(努力値):181(252)-114-201(252)-x-137(4)-22 ※S個体値0~1
技構成:ジャイロボール/ボディプレス/てっぺき/やどりぎのタネ

HB振り切り、最遅 

ほのおタイプ以外に撃ち合える性能、トリックルームとの相性の良さ、詰ませが出来る点を評価して採用した。

持ち物はトゲキッス.ドラパルト等に怪しいながらも居座る選択肢のあるオッカのみ。選出のしやすさが他の持ち物とは段違いです。

技構成はフェアリーへの打点となるタイプ一致技としてジャイロボール、後述するてっぺきと相性の良くドリュウズ等への打点となるボディプレス、ある程度の受けと詰ませ.ボディプレスの火力を上げることが出来るてっぺき、定数ダメージ.サイクル補助のやどりぎのタネの4つを選択。

配分は対物理とボディプレスの火力を意識してHB特化、たべのこしを持たせていないことからミラーを意識してS個体値を上げる必要は無いと判断してジャイロボールの火力を上げる最遅とした。

オッカのみを持たせることによるある程度の対面性能とミミッキュトリックルームを絡めることによる役割集中の回避が強力でした。

 

トゲキッス

f:id:raltsZ:20200416064759g:image
持ち物:ピントレンズ
性格:おくびょう
特性:きょううん
実数値(努力値):161(4)-x-115-172(252)-135-145(252)
技構成:エアスラッシュ/だいもんじ/くさむすび/げんしのちから

CS振り切り、最速

1枚目のダイマックス枠として採用した。

持ち物は特性と合わせて足りない火力を5割で補えるピントレンズ。じゃくてんほけんでも使用してみたが弱点を突かれなかった時の撃ち合いの弱さ、トゲキッスより遅いポケモンに1ターン目からは高火力が出せない点が気になったので最終的には使用しなかった。

技構成はタイプ一致技かつダイジェットの元技になるエアスラッシュ、ほのお技としてダイバーンの火力の高いだいもんじ、みずタイプやドサイドン等にダイソウゲンとして撃つくさむすびヒートロトムへの打点となりダイロックできあいのタスキを潰せるげんしのちからの4つを選択。

配分はおくびょうCS特化。ひかえめS実数値121個体を序盤は使用していたがホルードとの撃ち合いに負けたりS+1でドラパルトの上を取れずに負ける対戦が目立ったため最速を取れるおくびょう個体に変更した。

後述するホルードの選出しにくいバトン.壁構築、トゲキッスにタイプ受けを狙う構築に対する場荒らしが強力でした。

 

ホルード

f:id:raltsZ:20200416064850g:image
持ち物:ノーマルジュエル
性格:いじっぱり
特性:ちからもち
実数値(努力値):161(4)-118(252)-97-x-97-130(252)
技構成:じしん/ギガインパクト/とびはねる/かみなりパンチ

AS振り切り、準速

2枚目のダイマックス枠として採用した。

持ち物はダイアタックの火力を上げるためのノーマルジュエル。最終日前日までラムのみも気分で使用していたがおにびドラパルト.カバルドンとマッチングする機会が少なかったので最終日は使用しなかった。

技構成はタイプ一致のじめん技として命中安定かつ高火力のじしん、タイプ一致のノーマル技としてダイアタックの火力の高いギガインパクト、ダイジェットの元技としてとびはねる、アーマーガアに対する打点とあくびの一貫をダイサンダーで切るためのでんき技として反動の無いかみなりパンチの4つを選択。つるぎのまいは選択出来る対面が少なすぎるので非採用。

配分はいじっぱりAS特化。ようきならS+1で最速ドラパルトの上から行動出来るがロトムに対するダイアタックの乱数等を考慮していじっぱりにした。

おにびの絡まないカビゴン入りに対して数的有利を取りつつ崩せる点が強力でした。

 

ラプラス ※キョダイマックス個体

f:id:raltsZ:20200416064956g:image
持ち物:たべのこし
性格:おくびょう
特性:ちょすい
実数値(努力値):225(156)-94-101(4)-115(76)-125(76)-115(196)
技構成:うたかたのアリア/フリーズドライ/みがわり/じわれ

H:16n+1
HD:C150ラプラスフリーズドライをみがわりが15/16耐え
S:S116ミミッキュ-1

ほのおタイプへの撃ち合いが出来る点、ぜったいれいどの一貫切り、受け構築への抵抗として採用した。

持ち物は行動回数を増やすためにたべのこし。

技構成はタイプ一致のみず技としてみがわりを貫通出来るうたかたのアリア、タイプ一致のこおり技としてみずタイプにも弱点を突けるフリーズドライダイマックス枯らし.低火力ポケモンに有効なみがわり、ラプラス.モスノウ等にも無効化されない一撃必殺として非接触技であるじわれの4つを選択。

配分はおくびょうHSベース。準速60族を意識したロトム等の上を取りつつトリックルーム状態でミミッキュの上から行動するためにS実数値は115にした。ダイアースの火力意識でA個体値は31。

有利対面やのろい.キョダイセンリツと合わせたみがわりとじわれによる強引な崩しが強力でした。

 

ヒートロトム

f:id:raltsZ:20200416065045g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:おくびょう
特性:ふゆう
実数値(努力値):127(12)-x-127-156(244)-127-151(252)
技構成:オーバーヒート/ボルトチェンジ/あくのはどう/トリック

H:16n-1
S:最速

トゲキッス.ホルードの2匹が共通して不利かつここまででで厳しいアイアント.ヒヒダルマ.ルカリオを役割対象としてタイプ補完が優れている点を評価して採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ。序盤は役割対象に対する誤魔化しが出来そうな(HB)オボンのみで使用していたが使用感が悪くこだわりハチマキヒヒダルマを筆頭にこだわりスカーフ非考慮の立ち回りを多くされたので変更した。

技構成は役割対象に対する打点となるタイプ一致技としてオーバーヒート、対面操作が可能なタイプ一致技としてボルトチェンジ、ドラパルトへの打点してあくのはどう、崩し.詰めが可能なトリックの4つを選択。あくのはどうイカサマにすればつるぎのまいミミッキュに強くなりますが相手のヒートロトムに対する微打点が欲しかったのであくのはどうを使い続けた。

配分はほぼおくびょうCS特化。相手のロトムに対して上から行動出来る前提で立ち回るために最速とした。

こだわりスカーフを考慮しないプレイヤーに対する奇襲とマッチングする機会の増えていたノーマル技を採用していないたべのこしカビゴンに単体で詰め筋となる点が強力でした。

 

[選出]

ホルードorトゲキッス+ミミッキュ+ナットレイorラプラス (基本選出)

ラプラス+ミミッキュ以外から2匹 (VS受け構築)

ヒートロトム+2匹 (アイアント.ヒヒダルマ.ルカリオ入り) ※並び次第では例外あり

ミミッキュ.ナットレイ.ラプラスは初手では殆ど選出しなかった。

 

[重いポケモン]

・エースバーン
ほのおタイプ自体重い構築だがその中でもダントツで厳しい。ナットレイは選出せずにダイマックスorトリックルームを絡めて倒すようにしていた。

ルチャブル.オノノクス
ストッパーの役割をミミッキュに一任しているので厳しい。トゲキッスを出来る限り選出したりナットレイのてっぺきで詰ませを狙うようにしてた。

はやいロトム、ラムのみカビゴン等も厳しめですが割と勝てたので省略。エースバーンにはほぼ全敗しました。

 

[結果]

Crocus:最終7位.194勝93敗

f:id:raltsZ:20200808173310j:image
f:id:raltsZ:20200808173442j:image

 

Halcyon:最終12位.89勝24敗 ※ホームでは0²表記

f:id:raltsZ:20200808173544j:image
f:id:raltsZ:20200808173548j:image

 

[感想等]

自身の最高最終順位を1年半振りに更新し初めて最終1桁順位を取れて嬉しいです。

構築としては粗もありますが数が多く型も豊富なドラパルト.トゲキッスに対して素引きという選択をすることが少ない点が良かったと思います。

切断バグの被害を4/24以降受けず最終日の試合内容も運が良いものが多かったので本当に恵まれていました。

4/29夜~5/1朝までの対戦履歴↓ 
パージュ (@tumteria) 's Live - TwitCasting

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします。

閲覧ありがとうございました。

 

構築名のSTAR ELEMENTSはアイマスのユニット名から。

f:id:raltsZ:20200412195055j:image