11nが好き

Double Helix

【SwSh.S9シングル】天照ギャラクシー【最終9位】


TN:lilyknightでランクマッチに潜っていました。
S9最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20200829024154j:image

[構築経緯]

754さんが配信で使用していたHDピクシー+HBウインディのサイクルに魅力を感じたためこの2匹から構築を組み始めました。
参考にさせて頂いた754さんの配信先
あさみとなごし - YouTube
754 (@dendemiha) 's Live - TwitCasting

この2匹では型の割れていないドラパルトやトゲキッス等への受けが難しく、初速が速くないことによる確率負けもあるためそれらを軽減出来るヒヒダルマ(ガラル)を採用。

ここまでで気になっていたみず.でんきの一貫を切ることが可能でサイクルに組み込みやすいトリトドンを採用。

ダイマックスして強く扱えるポケモンがいなかったためダイマックス時の性能が高くじめんの一貫切り、サイクルの幅を広げることが可能なギャラドスを採用。

重い受け構築やカバルドン+ギャラドスに対して刺せる可能性を持ちダイホロウの一貫を切ることが可能なカビゴンを採用。

※本romではゴースト枠が欲しかったためヒヒダルマミミッキュに変更していたこともありました。


[コンセプト]

・出来る限りサイクルする。

TODによる勝敗を常に意識する。の2点

 

[個体紹介] ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

・ピクシー
f:id:raltsZ:20200815154502g:image
持ち物:たべのこし
性格:おだやか
特性:てんねん
実数値(努力値):202(252)-x-94(4)-115-156(252)-80
技構成:ムーンフォース/ねがいごと/めいそう/まもる

HD、余りB

構築の組み始めであり殆どの構築に選出する。

持ち物は回復ソースとしてたべのこし。

技構成はタイプ一致技としてムーンフォース、回復技として天候に回復力が左右されず後続を回復させることも可能なねがいごと、詰め筋としてめいそう、ねがいごと.たべのこしと相性の良くダイマックス枯らし.様子見としても扱えるまもるの4つを選択。

配分はHD。少しでも耐久を削るとC振りポリゴン2ダイマックス技が怪しいため特化一択。

きょううんトゲキッス.物理ポリゴン2とマッチングする機会が増えていたのが向かい風な環境でしたが構築の核として殆どのポケモンを誤魔化してくれました。

 

ウインディ
f:id:raltsZ:20200815154426g:image
持ち物:フィラのみ
性格:ずぶとい
特性:いかく
実数値(努力値):197(252)-x-145(252)-121(4)-100-115
技構成:かえんほうしゃ/りゅうのはどう/おにび/あさのひざし

HB、余りC

ピクシーが明確に不利を取るトップメタであるエースバーン.ゴリランダーを意識した物理受けとして採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにフィラのみ。後述するカビゴンのためにオボンのみでは採用出来なかったが発動機会は多かったように感じる。

技構成はタイプ一致技としてかえんほうしゃ、ドラゴンへの打点となりダイドラグーンとしても強力なりゅうのはどう、物理への機能停止.定数ダメージとしておにび、回復技としてあさのひざしの4つを選択。

配分はHB。数値がギリギリかつミミッキュのSラインが速くなっていると感じたためHBに振り切った。

おにびの命中不安がネックですが、後述するギャラドスと合わせることで過労死を防いだりステルスロック+αに崩されるという試合展開になりづらかった点が強力でした。

 

ヒヒダルマ(ガラル)
f:id:raltsZ:20200815154237g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:いじっぱり
特性:ごりむちゅう
実数値(努力値):181(4)-187(76)-97(172)-x-76(4)-147(252)
技構成:つららおとし/ばかぢから/いわなだれ/とんぼがえり

A:11n
HB:A194ゴリランダーの+1GFグラススライダー15/16耐え 
S:準速

ドラパルト.トゲキッスに明確な打点を持ち相手の選出に影響を与えやすいこだわりスカーフ枠として採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ

技構成はタイプ一致技として怯みが強力なつららおとし、ポリゴン2への打点となりダイナックルとしても扱えるばかぢから、リザードンを強く意識した岩技として怯みが強力ないわなだれ、対面操作技として優秀なとんぼがえりの4つを選択。耐久振りリザードンダイマックスまで考慮するなら岩技はストーンエッジの方がいい。

配分はBSベース。ゴリランダーに対して素引きしなければいけないのは動かしづらいと考えある程度Bに割いた。

選出機会は少なかったですが他5匹がある程度後投げ出来る性能を持っているため行動回数を稼ぎやすかったです。

 

トリトドン 
f:id:raltsZ:20200815154553g:image
持ち物:きあいのタスキ
性格:ずぶとい
特性:よびみず
実数値(努力値):218(252)-x-132(252)-113(4)-102-56 ※S個体値24~25
技構成:ねっとう/じこさいせい/カウンター/ミラーコート

HB、余りC
S:最遅59族-1 (タイプ:ヌル)

耐性が優秀な補完の受け駒として採用した。

持ち物は行動保証が欲しいためきあいのタスキ

技構成はタイプ一致の水技としてねっとう、回復技としてじこさいせい、物理技に対する遂行技としてカウンター、特殊技に対する遂行技としてミラーコートの4つを選択。型が認知されている点が弱点ですが役割から代わりとなれる技構成がとける+まもる(混乱実)程度しか思い付かず試運転していて微妙だったため上記の技構成を使い続けました。

配分はHB。S個体値を下げたことが活きる場面はありませんでしたがガオガエン.タイプ:ヌルの後攻から動くと分かっていることが重要でした。

想定以上にトリトドンの刺さる構築.選出が多く選出する構築を間違えなければ強力でした。

 

ギャラドス
f:id:raltsZ:20200815154653g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:いかく
実数値(努力値):171(4)-194(252)-99-x-120-133(252)
技構成:たきのぼり/とびはねる/じしん/りゅうのまい

AS、余りH

ダイマックス時の性能が高くサイクルにも組み込みやすい点を評価して採用した。

持ち物は火力を上げるためにいのちのたま。

技構成はタイプ一致のみず技としてたきのぼり、ダイジェットの元技としてとびはねる、パッチラゴン.ジバコイルへの打点となりダイアースとしても強力なじしん、強力な勝ち筋となりダイウォールとしても扱えるりゅうのまいの4つを選択。

配分はAS。HBカバルドンに対するダイストリームのダメージを意識していじっぱりで使用していたがギャラドスミラーでの同速が発生したりおくびょうトゲキッスが一定数いたことからようきでも良かったかもしれない。

ダイマックス時に明確に止まりにくく相手のダイマックスに対していかく.とびはねる.ダイウォールで誤魔化せる点が強力でした。

 

カビゴン ※通常個体
f:id:raltsZ:20200815154801g:image
持ち物:オボンのみ
性格:いじっぱり
特性:めんえき
実数値(努力値):236(4)-168(180)-105(156)-x-131(4)-71(164)
技構成:からげんき/かみなりパンチ/タネばくだん/はらだいこ

H:2n
A:+6タネばくだんでH215-B187カバルドンが確定1発
B:出来るだけ高く
S:無振り50族+1 (ラッキー.マリルリ)

選出画面でドラパルトのダイホロウに圧力を掛けることが出来る崩し枠として採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにオボンのみ。

技構成はタイプ一致技として状態異常でも機能停止しないからげんき、ドヒドイデ.ギャラドス.エアームドへの打点となるかみなりパンチ、カバルドン.ヌオーへの打点となるタネばくだん、崩しの手段としてはらだいこの4つを選択。はらだいこにエアームド後投げに対してダイアタック+ダイサンダーという行動を取るために通常個体で採用している。※+2ボディプレスを耐えない時の選択肢になる。

配分はASベース。個人的に欲しいと思ったAラインとSラインを確保しつつ余りを耐久に割いたらH=B+Dになった。

選出機会は少なかったですが選出出来た際は1匹で拾える試合も多く選出画面でも相手の行動に圧力を掛けていると感じたため構築に必要なポケモンだったと感じます。

 

[選出]

ギャラドス+ピクシー+ウインディorトリトドン
基本選出、初手ギャラドスで有利対面ならダイマックスも視野に入れながら数的有利を取る、不利対面なら出来る限りサイクルを回すことを目指す。TODになる試合も少なくないため意識して立ち回る。

カビゴン+2  
ドヒドイデが絡むような受け構築に選出、バルジーナ.ガラルサニーゴ.てんねんピクシー等を上手く絡められると勝てない点が欠点だがこのような試合になることは少なかったため勝率はかなり良かった。

その他柔軟に選出、ピクシー+ウインディ+トリトドンの受け3枚選出は弱いので出来る限りしないようにしていた。

 

[重いポケモン]

ルガルガン
サイクル系の構築で厳しいステルスロック撒きの中で1番きつい、大体初手から出されるのでギャラドスを合わせて対面ダイジェットで誤魔化していた。

エルフーン
明確な処理ルートが無いためTODすることが殆ど。

ポリゴンZ
ヨプのみ持ちにダイマックスされたら2匹近く倒される。基本的に対面寄りの選出をしていた。

ナマコブシ
特性:てんねん、技にカウンター+どくどくが合ったら誰も勝てない。

全体的に少ないけど一定数いるポケモンが厳しい印象でした。

 

[結果]

lilyknight:最終9位.109勝40敗

f:id:raltsZ:20200901121202j:image

f:id:raltsZ:20200901121207j:image

 

[感想等]

最終日前日に1位.2位を独占出来たりしてかなり自信があったですが最終日勝ちきることが出来ませんでした。

悔しい気持ちが大きいですが自分の実力からすれば出来過ぎだと思います、次チャンスがあれば勝ちたいですね。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします。