11nが好き

Double Helix

【SwSh.S10シングル】月読命サザンドヒド【最終80位】

 

TN:Xaでランクマッチに潜っていました。
S10最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20201001011606j:image

※レンタルチームは公開してます、シリーズ6終わったら多分消します。

[構築経緯]

パッチラゴン.ウーラオスを縛りやすいこだわりスカーフ持ちとしてサザンドラから構築をスタート。

サザンドラがフェアリーを誘うためそれらに強くサイクルから負荷を掛けていけるドヒドイデを採用。

ドヒドイデがパッチラゴン.ドサイドン等に隙を見せるためそれらに強いポケモンとしてバンバドロを採用。

ナットレイ.ガマゲロゲ等が重いこと、キノコのほうしの一貫を切れることからナットレイを採用。

試運転していて毒無効な積みエースにドヒドイデが起点にされ負ける試合が目立ったためそれらを誤魔化せる可能性を持つフェアリー枠としてピクシーを採用。

ゴーストタイプが欲しかったこと、壁+αに抵抗したかったこと、ほのお打点が欲しかったことからシャンデラを採用。

 

[コンセプト]

・サイクルからサザンドラを通す。

・汎用性を損なわない程度に一般的な構成を避ける。の2点


[個体紹介] ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

サザンドラ
f:id:raltsZ:20200928020532g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:おくびょう
特性:ふゆう
実数値(努力値):167-112-110-177(252)-111(4)-165(252)
技構成:あくのはどう/りゅうせいぐん/ラスターカノン/とんぼがえり

CS、余りD

最も優秀なこだわりスカーフ枠と感じたため軸として採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ

技構成はタイプ一致のあく技としてあくのはどう、ドラゴン技としてりゅうせいぐん、フェアリーを削る手段.ダイスチルとして強力なラスターカノン、対面操作技としてとんぼがえりの4つを選択。ほのお技があればという試合もありましたがラスターカノン.とんぼがえりが非常に優秀だったため非採用としました。

配分はCS。火力.素早さ共にギリギリなため振り切りとしました。

こだわりスカーフによる柔軟な立ち回りとダイマックス技が誰も強い点が強力でした。

 

ドヒドイデ
f:id:raltsZ:20200928020712g:image
持ち物:くろいヘドロ
性格:しんちょう
特性:さいせいりょく
実数値(努力値):157(252)-83-177(36)-x-209(220)-55
技構成:どくづき/どくどく/じこさいせい/トーチカ

H:振り切り
B:ウーラオス意識で少し
D:11n最大

フェアリー.特殊全般に強めでサイクル適性のあるポケモンとして採用した。

持ち物は回復ソースとなり相手のこだわりトリックにリスクを掛けられるくろいヘドロ。

技構成はタイプ一致技としてフェアリーを強く意識してどくづき、崩し.削りの手段としてどくどく、回復技としてじこさいせいダイマックス枯らし.接触技にリスクを掛けられるトーチカの4つを選択。はがね.じめんに隙を見せる点が弱点ですがこの構築でねっとうは適していないと感じたため非採用としました。

配分はHDベース。サザンドラと合わせてウーラオスを誤魔化す試合が多かったため少しBに割いています。

どくを絡めたサイクルからサザンドラを通すプランとドヒドイデの突破手段を無くす2つの動きがどちらも強力でした。


バンバドロ
f:id:raltsZ:20200928020633g:image
持ち物:フィラのみ
性格:わんぱく
特性:じきゅうりょく
実数値(努力値):207(252)-145-167(252)-x-105-56(4)
技構成:じしん/ボディプレス/てっぺき/まもる

HB、余りS

環境トップメタのパッチラゴンに強めな物理受けとして採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにフィラのみ。

技構成はタイプ一致技としてじしん、後述するてっぺきや特性と相性の良いボディプレス、ボディプレスと相性の良く詰ませの手段として優秀なてっぺき、ダイマックスターン枯らし.様子見として有用なまもるの4つを選択。てっぺきの枠はねむる.がんせきふうじ.ステルスロックも試しましたが誰も使用感が悪く要検討だと感じました。

配分はHB。火力.素早さに振るメリットを感じなかったため振り切りとしました。

唯一無二レベルの対パッチラゴン性能とある程度火力.特殊耐久があるため撃ち合いにも参加しやすい点が非常に強力でした。


ナットレイ
f:id:raltsZ:20200928020302g:image
持ち物:ヨプのみ
性格:わんぱく
特性:てつのとげ
実数値(努力値):181(252)-114-201(252)-x-136-41(4)
技構成:パワーウィップ/ボディプレス/てっぺき/やどりぎのタネ

HB、余りS

ガマゲロゲ.ナットレイ等に対するタイプ受けとして採用。

持ち物は構築で重めなウーラオスを強く意識してヨプのみ。

技構成はタイプ一致のくさ技として火力の高いパワーウィップ、後述するてっぺきと相性の良くナットレイ.悪ウーラオスに撃てるボディプレス、ボディプレスと相性の良く詰ませの手段として優秀なてっぺき、サイクル補助.対数ダメージとしてやどりぎのタネの4つを選択。フェアリーはドヒドイデに相手をさせることが多いためジャイロボールは非採用としました。

配分はHB。ミラー意識で端数はS振りとしました。

ほのお技を持たないポケモンに対する撃ち合い性能とかくとう技で処理を狙うウーラオス等を誘殺しつつ自身or後発を通す動きが強力でした。


・ピクシー
f:id:raltsZ:20200928020206g:image
持ち物:たべのこし
性格:おだやか
特性:てんねん
実数値(努力値):202(252)-x-93-115-156(252)-81(4)
技構成:ムーンフォース/ねがいごと/めいそう/まもる

HD、余りS

ドヒドイデでは対処の難しい特殊ポケモンに強めな点を評価して採用した。

持ち物は回復ソースとしてたべのこし。

技構成はタイプ一致技としてムーンフォース、回復技として天候に回復力が左右されず後続を回復させることも可能なねがいごと、詰め筋としてめいそう、ねがいごと.たべのこしと相性の良くダイマックス枯らし.様子見としても扱えるまもるの4つを選択。

配分はHD。ウーラオスサイコショックに最低限抵抗するために少しBに割いても良かったかも知れない。

代わりを見つけられなかったことから最後まで使い続けましたが使用感が悪かったため変更するべきでした。


シャンデラ
f:id:raltsZ:20200928020433g:image
持ち物:きあいのタスキ
性格:ひかえめ
特性:すりぬけ
実数値(努力値):135-x-110-216(252)-111(4)-132(252)
技構成:だいもんじ/シャドーボール/エナジーボール/おにび

CS、余りD

受け思考では対処の難しいアイアント.ポリゴンZ.アーマーガア等に殴り合える性能を評価して採用した。

持ち物は行動保証が欲しいためきあいのタスキ

技構成はタイプ一致のほのお技としてダイバーンの火力の高いだいもんじ、ゴースト技としてシャドーボール、みず.じめんへの打点となるエナジーボール、物理への機能停止.定数ダメージとしておにびの4つを選択。

配分はCS。耐久に振るメリットが少ないため振り切りとしました。

ウーラオスの存在しない構築に対する初手からの削り.おにび展開と前のめりな構築に対する後発からのストッパー.詰め筋として非常に強力でした。

 

[選出]

サザンドラ+ドヒドイデ+バンバドロ
基本選出、サイクルを回しながらサザンドラの一貫を作ることを目指す。

ナットレイガマゲロゲ.ナットレイ
ピクシーはランクルス.ピクシー
シャンデラアイアント.ポリゴンZ
辺りがいる構築に出来る限り選出するようにしていた。

 

[重いポケモンとか並び]

・アーマーガア
サザンドラ.シャンデラ以外が後投げから起点にされるため重い、出来る限りサザンドラ+シャンデラ+1で選出することで最低限抵抗できるようにしていたが勝率は低い。

・受けループ
切りました。ナットレイやどりぎのタネを絡めてTOD、ピクシーにどく以外の状態異常を入れてめいそうの起点というパターンで勝てなくも無いが勝率は低い。

単体で重いポケモンは少なかったですが選出枠が足りずに何かしらを軽視せざるを得ない試合が多かったです。

 

[結果]

Xa:最終80位.80勝34敗

f:id:raltsZ:20201001120901j:imagef:id:raltsZ:20201001120905j:image

(最高レート↓)

f:id:raltsZ:20201001093722j:image

[感想]

最終盤にアーマーガアとマッチングする機会が増えていたのに処理ルートを増やさなかったのが反省点です。

最高レートから潜ったことに後悔はしていませんがやっぱり勝ちたかったです。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします、お疲れ様でした。

 

TN↓

https://youtu.be/N1t01BdtI0M