11nが好き

Double Helix

【SwSh.S20シングル】カバミミVixtory【最終1位】

 

TN:INF-B、Vixtory でランクマッチに潜っていました。
S20最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20210801122735j:image

f:id:raltsZ:20210801130946j:image

[構築経緯]

自身がS13で使用した構築をベースとしつつ微調整を加えました。
【SwSh.S13シングル】カバミミ運ゲ【最終6位】 - 11nが好き

 

[コンセプト]

・多様な動きを用いて勝ちにいく。 の1点のみ

 

[個体紹介]  ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています、S13とあまり変わらないので使用感を中心に記載します。

カバルドン
f:id:raltsZ:20210722013046g:image
持ち物:オボンのみ
性格:のんき
特性:すなおこし
実数値(努力値):215(252)-132-167(108)-x-111(148)-56 ※S個体値22~23
技構成:じしん/あくび/ステルスロック/ふきとばし

ラグラージ入りに選出する言い訳を作るためにSラインのみ変更。(それでもラグラージ入りには選出したくはない)

"ふきとばし"はバトン構築、みがわり持ち等に強く柔軟な選出が可能になる技だったため"なまける"等より優先して採用した。

 

ミミッキュ
f:id:raltsZ:20210722013302g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:ばけのかわ
実数値(努力値):131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
技構成:ゴーストダイブ/じゃれつく/かげうち/つるぎのまい

変更点無し1。

殆どの構築に選出出来る構築のエース。

カバルドンと合わせた崩し.全抜き、カイリュー.ナットレイと合わせた詰め.ストッパーとして優秀だった。

 

ウォッシュロトム
f:id:raltsZ:20210722013622g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:ひかえめ
特性:ふゆう
実数値(努力値):125-x-127-172(252)-128(4)-138(252)
技構成:10まんボルト/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/トリック

変更点無し2。

最速ドラパルト.フェローチェ等に上を取られることよりも火力が足りないことが気になったため性格はひかえめとした。

タイプ受けが難しく数値受けにはトリック、上から縛りを狙ってくる相手にはスカーフを活かして殴ることが出来るため非常に強力だった。

じめん枠でランドロスが増えていたためウォッシュロトムはもっと評価されるべきポケモンだった。

 

カイリュー
f:id:raltsZ:20210722014339g:image
持ち物:あつぞこブーツ
性格:おだやか
特性:マルチスケイル
実数値(努力値):197(244)-x-117(12)-121(4)-166(244)-101(4)
技構成:エアスラッシュ/かえんほうしゃ/れいとうビーム/はねやすめ

変更点無し3。

ダイロックやじゃくてんほけんを持ったサンダーが増えたことが逆風ではあったものの、後述するナットレイと合わせる上でこのポケモンより優れたポケモンがいないと感じたため使い続けた。

面倒なラグラージに対してもナットレイと合わせることで誤魔化せたり他が無力なステルスロック+カミツルギに対しても最低限抗うことが出来る点が優秀だった。

 

・エースバーン(キョダイ個体)
f:id:raltsZ:20210722014119g:image
持ち物:ラムのみ
性格:いじっぱり
特性:リベロ
実数値(努力値):155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)
技構成:かえんボール/とびひざげり/しねんのずつき/ビルドアップ

S13では気づかなかったがヒードランが非常に重かったためとびひざげりを採用。

S操作技もふいうちも無いエースバーンは非常にピーキーな性能をしていたものの、本構築では補完的な採用で特定の構築にしか選出しないためあまり問題は感じなかった。

ドヒドイデとマッチングする機会が減れば"しねんのずつき"は別の技にする選択肢もあった。

 

ナットレイ
f:id:raltsZ:20210722014544g:image
持ち物:たべのこし
性格:のんき
特性:てつのトゲ
実数値(努力値):181(252)-114-201(252)-x-137(4)-22 ※S個体値0~1
技構成:ジャイロボール/やどりぎのタネ/どくどく/まもる

変更点無し4。

トップメタのサンダー.ウーラオス等に不利を取るものの分かりやすいウツロイド.ウオノラゴン受け、一定数いたナマコブシ.ヌオー等の簡単に詰みかねないポケモンに強い点が構築の対応範囲を広げられていたため変更の余地は無かった。

ナットレイミラーに弱い点を除けば"どくどく"は非常に強く、多様な勝ち筋を追いやすい本構築と非常にマッチしていた。

 

[結果]

INF-B:最終1位.115勝54敗

f:id:raltsZ:20210801131431j:imagef:id:raltsZ:20210801131449j:image

Vixtory:最終236位.157勝76敗

f:id:raltsZ:20210801131532j:imagef:id:raltsZ:20210801132113j:image

 

[感想]

長いこと目標にしてきた最終1位を取ることが出来て非常に嬉しいです。

1つのromが溶けたときに仮眠を取って気持ちを切り替えられたこと、最後の10戦程度で構築相性が悪い物を引くことが無かったことが大きかったのかなと思います。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします、お疲れ様でした。