11nが好き

Double Helix

【SwSh.S21シングル】強行ザシクレセ【最終52位】

 

TN:ロマネスク でランクマッチに潜っていました。
S21最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20211018160809j:image

[構築経緯]

禁止伝説枠として見ていた配信で使用していた人が多かったザシアンから構築をスタート、構成次第ではあるものの明確に止まるのがヌオー.ウインディ程度で攻撃回数を増やすことがアドバンテージに繋がると考えていたので耐久振りの攻撃技のみで使用した。

ザシアンを最速で採用しないことから相手のザシアンへの削りとS操作を行えるポケモンが欲しいと考えゴツゴツメットを持たせたクレセリアを採用、他のポケモンと比較してザシアンの体力を雑に扱いやすくダイマックスが無いことで動かしやすくなったポケモンだと感じていたので使い続けた。

圧力の高い禁止伝説枠だと感じていた黒バドレックスに対して汎用性を保ちながら勝てる選出を考えた際にこだわりスカーフ持ちのポケモン+数値の高いポケモンが欲しいと考え、こだわりスカーフ枠として初動が安定しやすくザシアンをコピーしてくるメタモンのケアとして扱えるエースバーン、数値の高いポケモンとして黒バドレックスに耐性上有利なポリゴン2を採用した。

カイオーガ.ウオノラゴン等を考えるとみずの一貫を切る必要があると思いその中でもでんき無効なトリトドンを採用、構築でカバルドンを誘ったこと、ザシアン+ウオノラゴン等の並びに負荷を掛けたかったためこだわりメガネを持たせた。

一定数いた受け構築に単体で勝てる可能性のあるポケモンが必要だと思いピクシーを採用、他の崩しとして扱えるポケモンと比較してウーラオスにある程度強いこと、どくどく無効な点を評価した。

A特化ザシアンが増えたこと、くさ技持ちが欲しかったことから最終日にトリトドンからガマゲロゲに変更した。

 

[コンセプト]

・ザシアンの行動回数を稼いでアドバンテージを取る。 の1点のみ

 

[個体紹介]  ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

・ザシアン (けんのおう)
f:id:raltsZ:20210831032323g:image
持ち物:くちたけん
性格:いじっぱり
特性:ふとうのけん
実数値(努力値):199(252)-220(76)-136(4)-x-149(108)-177(68)
技構成:きょじゅうざん/こおりのキバ/ほのおのキバ/ワイルドボルト

A:11n
HB:A165ランドロスのじしん+ゴツゴツメットダメージを耐える程度
HD:C202カイオーガの雨下しおふきを13/16耐え
S:遅いザシアンを抜けそうなライン

禁止伝説の中でもシンプルな強さを持つ点を評価して採用した。

持ち物はザシアンの強さを最大限活かすためにくちたけん。

技構成はタイプ一致技としてきょじゅうざん、ランドロス.サンダー等への打点としてこおりのキバ、ナットレイ.ヌケニン等への打点としてほのおのキバ、水への打点としてワイルドボルトの4つを選択。技範囲が広く上振れも狙いやすい構成な点が強力だった。

配分は耐久ベース。遅いザシアンミラーに勝てそうなSラインにしたつもりだったがS179~S183ラインが多かったためミス。

後投げされやすいランドロス.ヌケニン等を汎用性を保ちながら単体で崩すことが出来た点が非常に強力でした。

 

クレセリア
f:id:raltsZ:20210831042127g:image
持ち物:ゴツゴツメット
性格:ずぶとい
特性:ふゆう
実数値(努力値):227(252)-x-189(252)-95-150-106(4)
技構成:れいとうビーム/みかづきのまい/でんじは/つきのひかり

HB

ザシアンを雑に扱いやすいクッションとして採用した。

持ち物は主にザシアンへの削りを意識してゴツゴツメット

技構成は攻撃技としてゴリランダー.ジガルデ辺りの削りとしてれいとうビームみかづきのまい、 S操作技としてでんじは、回復技としてつきのひかりの4つを選択。

配分はHB。A222程度のザシアンに対しては後投げがある程度安定するためザシアンへの引き先として扱っていたが特化ザシアンが増えた影響で非常に動かしづらかった。

みかづきのまい.でんじはによるシンプルなサポートが可能でしたが明らかな逆風だったのでサンダー.ボルトロス等のポケモンに変更して煮詰めていくべきでした。

 

・エースバーン
f:id:raltsZ:20210903183315g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:ようき
特性:リベロ
実数値(努力値):163(60)-168(252)-96(4)-x-97(12)-178(180)
技構成:かえんボール/とびひざげり/ダストシュート/とんぼがえり

H:余り
A:振り切り
B<D
S:自分のザシアン抜き

メタモンのケアとして扱える点こだわりスカーフ持ちとして採用した。

持ち物はメタモンや黒バドレックス入りの構築に投げたいためこだわりスカーフ

技構成はザシアンへの打点としてかえんボール、ウーラオス等に撃てる技としてとびひざげり、構築でカプ・レヒレが重めだったため打点としてダストシュート、対面操作が可能なとんぼがえりの4つを選択。とびひざげり.ダストシュートを選択して勝った記憶があまりないのでもう少し構成を考えるべきだったかもしれない。

配分はASベース。Sに振り切って少しでもゼルネアスの上を取れる可能性を上げたほうが良かった気がする。

命中不安が多く選出していきたい黒バドレックス+水ウーラオス等に対しても一貫せず負ける場面が目立っていました。

 

ポリゴン2 
f:id:raltsZ:20210903184652g:image
持ち物:しんかのきせき
性格:おだやか
特性:アナライズ
実数値(努力値):191(244)-x-132(172)-126(4)-137(76)-82(12)
技構成:トライアタック/シャドーボール/みがわり/じこさいせい

黒バドレックスに強い一般枠の中で最も汎用性が高そうだったため採用した。

持ち物は耐久を高めるためにしんかのきせき

技構成はタイプ一致技としてトライアタック、黒バドレックスへの打点としてシャドーボール、耐久ポケモンへの崩しとしてみがわり、回復技としてじこさいせいの4つを選択。

配分は耐久ベース。1番の仮想敵が黒バドレックスなのでこの調整に落ち着いた。

最も汎用性のあるノーマル枠(黒バドレックス受け)なので構築に入るとは感じましたが構築としてこのポケモンを動かしやすく出来ていなかった点が微妙でした。

 

・ピクシー
f:id:raltsZ:20210903184525g:image
持ち物:オボンのみ
性格:なまいき
特性:マジックガード
実数値(努力値):202(252)-x-106(100)-115-143(156)-58 ※S個体値0
技構成:ムーンフォース/アシストパワー/つきのひかり/めいそう

HB:出来るだけ高く
HD:めいそうに後投げされたムゲンダイナを起点に出来る程度
S:ナットレイのジャイロボール意識で最遅

崩し枠の中でもウーラオスに強い見た目であることを評価して採用した。

持ち物はめいそうを積みやすい用にオボンのみ。腐りにくいたべのこし、たくわえるヌオーに抗えるメトロノームも試したが受け寄りな構築のムゲンダイナも殆どヘドロばくだんを持っていたためオボンのみに落ち着いた。

技構成はタイプ一致技としてムーンフォース、後述するめいそうと合わせて崩しとして扱うアシストパワー、回復技としてつきのひかり、崩し.詰めとの要素としてめいそうの4つを選択。

配分はHDベース。最終日前日まではHBに張り切っていたが想定以上に受け寄りの構築のムゲンダイナもヘドロばくだんを採用していたのである程度Dに割きました。

受け寄りなムゲンダイナ.イベルタル軸にある程度の勝率を確保できるポケモンではありましたが汎用性が高くないため選出出来る幅が非常に狭かったです。

 

ガマゲロゲ
f:id:raltsZ:20210903184707g:image
持ち物:こだわりメガネ
性格:ひかえめ
特性:ちょすい
実数値(努力値):191(84)-x-116(164)-150(252)-96(4)-95(4)
技構成:なみのり/だいちのちから/くさむすび/ヘドロばくだん

HB:A244ザシアンの+1じゃれつく確定耐え

みず.でんきの一貫を切りつつ想定外の火力から負荷を掛けていけるため採用した。

持ち物は火力が足りないためこだわりメガネ。

技構成はタイプ一致のみず技としてなみのり、じめん技としてだいちのちから、くさ技としてくさむすび、フェアリーへの打点としてヘドロばくだんの4つを選択。

配分はBCベース。ザシアンに対して動けることが重要だったのでこの調整に落ち着いた。

微妙に火力が足りない点が難点でしたが耐性.技範囲が優秀でした。

 

[結果]

ロマネスク:最終52位.167勝109敗

f:id:raltsZ:20210901224100j:image

f:id:raltsZ:20210901224352j:image

(最高レートは2173から2勝、推定2198~2199)

f:id:raltsZ:20210901224559j:image

f:id:raltsZ:20210901224647j:image 

 

[感想]

最終日に流れを掴むことができ2200まであと一歩という所までいけましたが負けてしまいました。

構築として安定して拾える試合も殆どなく2200チャレンジでは崩せない受け回しを引いてしまったので構築の粗を最後の最後で強く実感させられていました。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします、お疲れ様でした。