11nが好き

Double Helix

【SwSh.S20シングル】カバミミVixtory【最終1位】

 

TN:INF-B、Vixtory でランクマッチに潜っていました。
S20最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20210801122735j:image

f:id:raltsZ:20210801130946j:image

[構築経緯]

自身がS13で使用した構築をベースとしつつ微調整を加えました。
【SwSh.S13シングル】カバミミ運ゲ【最終6位】 - 11nが好き

[コンセプト]

・多様な動きを用いて勝ちにいく。 の1点のみ

 

[個体紹介]  ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています、S13とあまり変わらないので使用感を中心に記載します。

カバルドン
f:id:raltsZ:20210722013046g:image
持ち物:オボンのみ
性格:のんき
特性:すなおこし
実数値(努力値):215(252)-132-167(108)-x-111(148)-56 ※S個体値22~23
技構成:じしん/あくび/ステルスロック/ふきとばし

ラグラージ入りに選出する言い訳を作るためにSラインのみ変更。(それでもラグラージ入りには選出したくはない)

"ふきとばし"はバトン構築、みがわり持ち等に強く柔軟な選出が可能になる技だったため"なまける"等より優先して採用した。

 

ミミッキュ
f:id:raltsZ:20210722013302g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:ばけのかわ
実数値(努力値):131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
技構成:ゴーストダイブ/じゃれつく/かげうち/つるぎのまい

変更点無し1。

殆どの構築に選出出来る構築のエース。

カバルドンと合わせた崩し.全抜き、カイリュー.ナットレイと合わせた詰め.ストッパーとして優秀だった。

 

ウォッシュロトム
f:id:raltsZ:20210722013622g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:ひかえめ
特性:ふゆう
実数値(努力値):125-x-127-172(252)-128(4)-138(252)
技構成:10まんボルト/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/トリック

変更点無し2。

最速ドラパルト.フェローチェ等に上を取られることよりも火力が足りないことが気になったため性格はひかえめとした。

タイプ受けが難しく数値受けにはトリック、上から縛りを狙ってくる相手にはスカーフを活かして殴ることが出来るため非常に強力だった。

じめん枠でランドロスが増えていたためウォッシュロトムはもっと評価されるべきポケモンだった。

 

カイリュー
f:id:raltsZ:20210722014339g:image
持ち物:あつぞこブーツ
性格:おだやか
特性:マルチスケイル
実数値(努力値):197(244)-x-117(12)-121(4)-166(244)-101(4)
技構成:エアスラッシュ/かえんほうしゃ/れいとうビーム/はねやすめ

変更点無し3。

ダイロックやじゃくてんほけんを持ったサンダーが増えたことが逆風ではあったものの、後述するナットレイと合わせる上でこのポケモンより優れたポケモンがいないと感じたため使い続けた。

面倒なラグラージに対してもナットレイと合わせることで誤魔化せたり他が無力なステルスロック+カミツルギに対しても最低限抗うことが出来る点が優秀だった。

 

・エースバーン(キョダイ個体)
f:id:raltsZ:20210722014119g:image
持ち物:ラムのみ
性格:いじっぱり
特性:リベロ
実数値(努力値):155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)
技構成:かえんボール/とびひざげり/しねんのずつき/ビルドアップ

S13では気づかなかったがヒードランが非常に重かったためとびひざげりを採用。

S操作技もふいうちも無いエースバーンは非常にピーキーな性能をしていたものの、本構築では補完的な採用で特定の構築にしか選出しないためあまり問題は感じなかった。

ドヒドイデとマッチングする機会が減れば"しねんのずつき"は別の技にする選択肢もあった。

 

ナットレイ
f:id:raltsZ:20210722014544g:image
持ち物:たべのこし
性格:のんき
特性:てつのトゲ
実数値(努力値):181(252)-114-201(252)-x-137(4)-22 ※S個体値0~1
技構成:ジャイロボール/やどりぎのタネ/どくどく/まもる

変更無し4。

トップメタのサンダー.ウーラオス等に不利を取るものの分かりやすいウツロイド.ウオノラゴン受け、一定数いたナマコブシ.ヌオー等の簡単に詰みかねないポケモンに強い点が構築の対応範囲を広げられていたため変更の余地は無かった。

ナットレイミラーに弱い点を除けば"どくどく"は非常に強く、多様な勝ち筋を追いやすい本構築と非常にマッチしていた。

 

[結果]

INF-B:最終1位.115勝54敗

f:id:raltsZ:20210801131431j:imagef:id:raltsZ:20210801131449j:image

Vixtory:最終236位.157勝76敗

f:id:raltsZ:20210801131532j:imagef:id:raltsZ:20210801132113j:image

 

[感想]

長いこと目標にしてきた最終1位を取ることが出来て非常に嬉しいです。

1つのromが溶けたときに仮眠を取って気持ちを切り替えられたこと、最後の10戦程度で構築相性が悪い物を引くことが無かったことが大きかったのかなと思います。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします、お疲れ様でした。

 

 

【SwSh.S17シングル】伝承アニマルカイザー【最終16位】

 

TN:らいとにんぐ でランクマッチに潜っていました。
S17最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20210501104710j:image

[構築経緯]

日食ネクロズマ+霊獣ランドロス+カプ・レヒレの選出が強力だったためここから構築をスタート。

上記の3匹では主にカイオーガ軸.黒バドレックス軸.受け構築に不利を取るため、それらに浅く広く勝てるようにサンダー.ポリゴン2.エースバーンを採用した。

 

[コンセプト]

・殴れるサイクル構築。

・強いポケモンのみで固める。の2点

 

[個体紹介]  ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

ネクロズマ(日食)
f:id:raltsZ:20210501105511g:image
持ち物:たべのこし
性格:しんちょう
特性:プリズマアーマー
実数値(努力値):204(252)-178(4)-151(28)-x-154(84)-115(140)
技構成:メテオドライブ/ロックブラスト/りゅうのまい/あさのひざし

調整参考元:【S15使用構築】TODネクロガエン〜ワタルカイリュー添え〜 - ポケモン日記

禁止伝説枠の中でもサイクル.積みエースの両立が出来る点を評価して採用した。

持ち物は回復ソースとしてたべのこし。

技構成はタイプ一致技としてメテオドライブ、サンダー.リザードン等に対する打点として連続技のロックブラスト、積み技としてりゅうのまい、回復技としてあさのひざしの4つを選択。

配分はHSベース。程よく耐久があって非常に使用感が良かったです。

サイクルから詰ませ.全抜きの選択を出来る所が非常に強力でした。

 

ランドロス(雷獣)

f:id:raltsZ:20210501073533g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:ようき
特性:いかく
実数値(努力値):165(4)-197(252)-110-x-100-157(252)
技構成:じしん/そらをとぶ/ストーンエッジ/とんぼがえり

AS

耐性が優秀なこだわりスカーフ枠として採用。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ

技構成はタイプ一致のじめん技としてじしん、ひこう技としてそらをとぶ、サンダーへの打点としてDMリザードンを意識してストーンエッジ、対面操作技としてとんぼがえりの4つを選択。

配分はAS。ザシアン.ムゲンダイナ等様々なポケモンを縛れる点が優秀でした。

初動が安定しやすくダイマックス、スイーパーとしても非常に強力でした。

 

カプ・レヒレ
f:id:raltsZ:20210501074213g:image
持ち物:こだわりメガネ
性格:ひかえめ
特性:ミストメイカ
実数値(努力値):159(108)-x-135-156(212)-150-129(188)
技構成:なみのり/ムーンフォース/くさむすび/トリック

H:16n-1
C:出来るだけ高く
S:遅いサンダーを抜ける程度

フェアリー枠として状態異常耐性を持つ点や受けられにくい範囲を持つ点を評価して採用した。

持ち物は火力を高めるためにこだわりメガネ。

技構成はタイプ一致のみず技としてなみのり、フェアリー技としてムーンフォースラグラージを意識したくさ技としてくさむすび、崩し.詰めの手段としてトリックの4つを選択。

配分はCSベース。ウーラオスに後投げする機会が多かったため最低限耐久に割いています。

有利対面を作れれば数的有利を取りやすく特性.トリックによるサポートも出来る点が非常に強力でした。

 

・サンダー
f:id:raltsZ:20210501073629g:image
持ち物:タラプのみ
性格:おだやか
特性:プレッシャー
実数値(努力値):197(252)-x-106(4)-146(4)-146(180)-129(68)
技構成:ほうでん/ぼうふう/みがわり/はねやすめ

HB:A130ラグラージクイックターンを"みがわり"が13/16耐え
HD:C145サンダーのボルトチェンジを"みがわり"が確定耐え
S:遅いサンダーを抜ける程度

カイオーガ軸に対する初手枠と受け構築に対する詰めの駒として採用した。

持ち物は役割を遂行するためにタラプのみ。

技構成はタイプ一致のでんき技として追加効果の強いほうでん、ひこう技としてぼうふう、火力の無いポケモンに対してアドを取るみがわり、回復技としてはねやすめの4つを選択。

配分はHDベース。素早さを遅いサンダーを抜けるラインにしたことで立ち回りやすくなりました。

選出機会は少なかったですが詰め性能が高く見えにくい勝ち筋として機能していました。

 

ポリゴン2
f:id:raltsZ:20210501073740g:image
持ち物:しんかのきせき
性格:なまいき
特性:アナライズ
実数値(努力値):191(244)-100-134(188)-125-137(76)-72
技構成:トライアタック/イカサマ/でんじは/じこさいせい

HB:出来るだけ高く
HD:C217黒バドレックスの+1サイコキネシスをほぼ2耐え

黒バドレックスに対してサイクル出来るポケモンとして採用、重めの日食ネクロズマに抗える枠でもある。

持ち物は耐久を高めるためにしんかのきせき

技構成はタイプ一致技としてトライアタック、黒バドレックス.日食ネクロズマへの打点としてイカサマ、S操作としてでんじは、回復技としてじこさいせいの4つを選択。ジガルデが非常に重かったためれいとうビームを採用するべきだったかもしれない。

配分は耐久ベース。日食ネクロズマを相手したい場面が多かったためBに多く割いています。

ウーラオスに後手になってしまう点が扱いにくかったですがS操作から後続を通したり自身で詰ませたりする動きが強力でした。

 

・エースバーン(キョダイ個体)
f:id:raltsZ:20210501073951g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:リベロ
実数値(努力値):155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)
技構成:かえんボール/ギガインパクト/しねんのずつき/ふいうち

黒バドレックス軸.受け回しに対する崩しとして採用した。

持ち物は火力を高めるためにいのちのたま。

技構成ははがねに対する打点となりキョダイカキュウの媒体となるかえんボール、サンダー等と撃ち合うためにギガインパクトドヒドイデ.ムゲンダイナに対する打点としてしねんのずつき、黒バドレックスに対する打点となる先制技としてふいうちの4つを選択。

配分はAS。火力が欲しい場面が多いため性格はいじっぱり。

ダイマックス時の性能が高く様々なポケモンと撃ち合うことが出来ましたが命中不安が多い点が難点でした。

 

[選出]

ランドロス+ネクロズマ+カプ・レヒレ

基本選出、ザシアン軸を筆頭に様々な構築と五分以上戦える。

その他柔軟に選出。

 

[重いポケモン]

イベルタル

ダイマックスを合わせないと最低でも1匹倒される。

・ジガルデ

カプ・レヒレ以外勝てない、カプ・レヒレダイマされるとしんどい。

 

[結果]

らいとにんぐ:最終16位.127勝69敗

f:id:raltsZ:20210501140721j:imagef:id:raltsZ:20210501140724j:image

 

[感想]

かなり自信のある構築を組めていましたが力量が足りず勝ち切れませんでした、S18以降も頑張ります。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします、お疲れ様でした。

 

【SwSh.S16シングル】清風明月ラッキーチェ【最終4位.16位】


TN:vivace、Aragami でランクマッチに潜っていました。
S16最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20210401100246j:image

[構築経緯]

いのちのたまを持たせたホウオウに興味を持ち構築をスタート。

上記のホウオウを強く使うにはサイクルとコントロールの要素が欲しいと感じ、うたうラッキーとあくびヌオーを採用した。

ヒヒダルマを上から縛れるこだわりスカーフ持ちが欲しいと感じフェローチェを採用、エースバーン等と比較して特性との噛み合いが良い点と相手のミスリードを誘いやすい点を評価した。

状態異常耐性.フェアリー枠が欲しい等の理由からカプ・レヒレを採用、相手の安易な受け出しを許したくなかったためこだわりメガネを持たせた。

最後の枠にはみず物理全般が重かったためモジャンボを採用、物理の有象無象に削りを行うためゴツゴツメットを持たせた。

 

[コンセプト]

・サイクルを行うor数的有利を取って勝ち筋を掴む。

・確率を押し付けて拾える試合を増やす。の2点

 

[個体紹介]  ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

・ホウオウ
f:id:raltsZ:20210329040456g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:さいせいりょく
実数値(努力値):209(220)-198(236)-111(4)-x-175(4)-116(44)
技構成:せいなるほのお/ブレイブバード/じしん/じこさいせい

H:10n-1最大
A:11n
S:遅いカイオーガを抜ける程度

禁止伝説枠の中でもサイクル.ダイマエースの両立が出来る点を評価して採用した。

持ち物は火力を高めるためにいのちのたま。

技構成はタイプ一致のほのお技としてせいなるほのお、ひこう技としてブレイブバードバンギラス.ドヒドイデ等に対する打点とダイアースによるDアップが強力なじしん、回復技としてじこさいせいの4つを選択。

配分はHAベース。耐久と火力が欲しい場面が多かったため素早さは+1で遅いムゲンダイナを抜けるラインで抑えました。

ダイマックス時の性能が高く体力を雑に扱ってもさいせいりょくで仕事を残せるため先行ダイマさせるポケモンとして非常に強力だと感じました。

 

・ラッキー
f:id:raltsZ:20210329040839g:image
持ち物:しんかのきせき
性格:のんき
特性:しぜんかいふく
実数値(努力値):335(76)-x-62(252)-x-148(180)-49 ※S個体値0
技構成:ちきゅうなげ/うたう/ステルスロック/タマゴうみ

H:16n-1
B:特化
D:出来るだけ高く

特殊に対する数値受けとして採用した。

持ち物は耐久を高めるしんかのきせき

技構成は定数ダメージとしてちきゅうなげ、隙のあるターンや打開の一手としてうたう、サイクルする上で重宝するステルスロック、回復技としてタマゴうみの4つを選択。でんじはと比較してうたうは強引に後投げする動きができる点が優れていると感じました。

配分はBDベース。ドヒドイデの下から動くためにSを落としています。

有利対面を取った際の技選択、不利対面を取った際のケアが非常に難しかったですが殆どの構築に選出しサイクルの核として活躍していました。


・ヌオー
 f:id:raltsZ:20210401104545g:image
持ち物:たべのこし
性格:ずぶとい
特性:てんねん
実数値(努力値):202(252)-x-150(252)-86(4)-85-55
技構成:ねっとう/あくび/まもる/じこさいせい

HB

物理全般を誤魔化す枠として採用した。

持ち物は回復ソースとなるたべのこし。

技構成はタイプ一致のみず技としてねっとう、対面操作.詰め筋.切り返しとしてあくび、持ち物.あくびと相性の良いまもる、回復技としてじこさいせいの4つを選択。

配分はHB。数値が足りずザシアン程度しか受からないので安易な後投げをしないように心掛けていました。

相手の積みを制限出来るポケモンなのでラッキーが半端な物理と対面した際にタマゴうみを選択する中間択を作れる点、厳しい盤面をあくびで誤魔化すことが出来る点が強力でした。

 

フェローチェ
f:id:raltsZ:20210401104817g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:いじっぱり
特性:ビーストブースト
実数値(努力値):146-207(252)-57-x-58(4)-203(252) ※16位のロムはS実数値189で余り耐久
技構成:インファイト/とんぼがえり/トリプルアクセル/じごくづき

AS

初手からの奇襲、終盤のスイーパーとしての性能を評価して採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ

技構成はタイプ一致のかくとう技としてインファイト、対面操作が可能なとんぼがえり、サンダー.ランドロス等に対する打点としてトリプルアクセル、黒バドレックスへの打点としてじごくづきの4つを選択。

配分はAS。終盤増えたスカーフ黒バドレックス意識でSに振り切りました。(16位のロムはレンタル変えるの忘れてました)

初動が安定しやすい点と相手にダイマックスを切らせた後にダイマックスと特性を絡めながらスイープする動きが強力でした。

 

カプ・レヒレ
f:id:raltsZ:20210401105207g:image
持ち物:こだわりメガネ
性格:ひかえめ
特性:ミストメイカ
実数値(努力値):145-x-136(4)-161(252)-150-137(252)
技構成:なみのり/ムーンフォース/れいとうビーム/トリック

CS

どのような構築にも欲しいフェアリー枠として状態異常耐性を持つ点やホウオウが不利なじめんタイプ全般に強い点を評価して採用した。

持ち物は安易な受け出しを許さないためにこだわりメガネ。

技構成はタイプ一致のみず技としてなみのり、フェアリー技としてムーンフォース、サンダー.くさタイプに対する打点としてれいとうビーム、崩し.詰めの手段としてトリックの4つを選択。

配分はCS。遅いサンダーの上を取るためにSに振り切りました。

選出機会は少なかったですが有利対面での火力の押し付け、こだわりトリックに対するケアとして必要な枠でした。

 

モジャンボ
f:id:raltsZ:20210401105528g:image
持ち物:ゴツゴツメット
性格:のんき
特性:さいせいりょく
実数値(努力値):207(252)-121(4)-194(252)-130-70-63
技構成:ギガドレイン/じしん/はたきおとす/リフレクター

HB

ここまでで重いみず物理全般やナットレイに強めでサイクル参加出来る枠として採用した。

持ち物は物理への遂行速度を意識してゴツゴツメット

技構成はタイプ一致のくさ技として回復が可能なギガドレイン、ザシアンに対する打点とダイアースによるDアップが強力なじしん、隙のある対面で撃ちやすいはたきおとす、自身や裏での受けを成立させるためにリフレクターの4つを選択。

配分はHB。高速回復技を持たないためHB特化としました。

増えていたウオノラゴンに強い点や構築に1匹は欲しいくさ技を持つ点が補完として優れていました。

 

[選出]

ホウオウorフェローチェ+ラッキー+1

殆どこのパターン、初手ホウオウで数的有利を取って詰めていくパターン、初手フェローチェで様子見ながら一貫を作りにいくパターンを意識。

 

[重いポケモン]

・ウーラオス

前期の記事を読んでいてこだわりハチマキ持ちが減っていると感じたため甘く見た、ホウオウを出す場合は先にアドバンテージを取りきる、フェローチェを出す場合は先にステルスロックを撒く+モジャンボのゴツメを絡めることでフェローチェで切り返すことを意識していた。

 

・エースバーン

ダイマが受からない、ホウオウで撃ち合うことを意識していたが特化ダイアタックで突破されて負けることが多かった。

 

ランドロス

ダイマが受からない、ラッキーのタマゴうみ連打でエースバーンよりは誤魔化しやすいのが救い。

 

他にも色々いましたが運ゲには持ち込める程度だったor少なかったので省略。

 

[結果]

vivace:最終4位.172勝104敗

f:id:raltsZ:20210401114154j:image
f:id:raltsZ:20210401114303j:image

 

Aragami:最終16位.119勝44敗

f:id:raltsZ:20210401114307j:image

f:id:raltsZ:20210401114342j:image

 

[感想]

最終日前日まで初手サンダー+崩し性能の高い物理ポケモンのような並びに対して上手く勝つことが出来ていませんでしたが、初手ホウオウでサンダーに対してダイジェットorじこさいせいから入る立ち回りが強いことに気付けたため最終日レートを伸ばすことが出来ました。

次は1位を取りたいです。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします、お疲れ様でした。

 

【SwSh.S13シングル】カバミミ運ゲ【最終6位】

 

TN:''wish'' でランクマッチに潜っていました。
S13最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20210101054853j:image

※レンタルチームは削除しました。

[構築経緯]

カバルドン+ミミッキュ+こだわりスカーフ持ち選出の対応範囲が広いと感じたためここから構築をスタート、こだわりスカーフ枠はカバルドンが弱いみずタイプ全般.ミミッキュが弱いじめんタイプ(カバルドン.ランドロス)に強く対面操作技やトリックで柔軟な動きが可能なウォッシュロトムを採用した。

上記の選出ではくさタイプ全般に不利を取るためそれらに強いポケモンとして最も選出しやすいと感じたカイリューを採用。

構築にほのおタイプが欲しいと感じ最も性能の高そうなエースバーンを採用、前述したカイリューカバルドン入りに選出を控えたかったこと.構築に状態異常耐性が無かったことからラムのみを持たせた。

みず.どくの一貫が気になったため構築の補完としてナットレイを採用。

カイリュー.ナットレイの型はランドさんの記事を参考にさせて頂きました。
ブーツカイリュー+どくどくナットレイ - 日記弱

 

[コンセプト]

・多様な動きを用いて勝ちにいく。 の1点のみ

 

[個体紹介]  ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

カバルドン
f:id:raltsZ:20201227001202g:image
持ち物:オボンのみ
性格:わんぱく
特性:すなおこし
実数値(努力値):215(252)-132-167(108)-x-111(148)-67
技構成:じしん/あくび/ステルスロック/ふきとばし

HB:出来るだけ高く
HD:C194サンダーのいのちのたま140ダイジェット確定耐え

クッションとして最も性能が高いと感じている+環境に刺さりの良いステルスロックを自然に構成出来るため採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにオボンのみ。

技構成はタイプ一致技としてじしん、対面操作.積みへの補助としてあくび、定数ダメージとしてステルスロック、起点回避となるふきとばしの4つを選択。ふきとばしは選出.立ち回りを柔軟に出来る技として重宝しました。

配分はHDベース。サンダーに対して行動保証を持たせられる程度のHDラインを確保しつつウーラオスを意識して余りはBに振りました。

無難に選出しやすく多くの構築に対する削り.展開として優秀でしたが選択を間違えると一気に不利盤面になるため難しいポケモンだと感じました。

 

ミミッキュ
f:id:raltsZ:20201227001610g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:ばけのかわ
実数値(努力値):131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
技構成:ゴーストダイブ/じゃれつく/かげうち/つるぎのまい

AS、準速

対面.崩し.ストッパーとして優秀なため採用した。

持ち物は火力を上げるためにいのちのたま。

技構成はタイプ一致のゴースト技としてダイホロウの火力の高いゴーストダイブ、フェアリー技としてじゃれつく、先制技としてかげうち、崩し.縛り性能を高めるつるぎのまいの4つを選択。

配分はAS。ミラーでの同速以上にダイホロウの崩し、かげうちの縛りを大切にしたかったため性格はいじっぱりとしました。

後発からの詰め筋として無難に強力でした。

 

ウォッシュロトム
f:id:raltsZ:20201227001447g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:ひかえめ
特性:ふゆう
実数値(努力値):125-x-127-172(252)-128(4)-138(252)
技構成:10まんボルト/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/トリック

CS、余りD

カバルドン.ミミッキュと組ませる上で最も優秀なこだわりスカーフ枠と感じたため採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ

技構成はタイプ一致のでんき技として10まんボルト、みず技としてハイドロポンプ、対面操作が可能なボルトチェンジ、崩し.詰めとして有用なトリックの4つを選択。

配分はCS。おくびょうでは火力不足と感じたためひかえめで使用していましたが最速スカーフウオノラゴン.カプ・レヒレに上を取られてしまう点は非常に気になりました。

ハイドロポンプの命中がネックですが多くの構築に多様な動きで活躍してくれました。

 

カイリュー
f:id:raltsZ:20201227001253g:image
持ち物:あつぞこブーツ
性格:おだやか
特性:マルチスケイル
実数値(努力値):197(244)-x-117(12)-121(4)-166(244)-101(4)
技構成:エアスラッシュ/かえんほうしゃ/れいとうビーム/はねやすめ

ほぼHD

重いくさタイプ全般.トップメタのサンダー.エースバーンに不利を取らないため採用した。

持ち物はステルスロックによって削られたくないためあつぞこブーツ。構築でステルスロック+カミツルギを強烈に誘うためこれらに対してある程度の回答となる点が偉いと感じました。

技構成はタイプ一致のひこう技としてエアスラッシュ、はがねへの打点としてかえんほうしゃ、ひこうへの打点としてれいとうビーム、回復技としてはねやすめの4つを選択。

配分はHD。サンダーに対してのダイマックス枯らし.TODが目的でしたが非常に扱いやすかったです。

ステルスロックを絡めてカイリューの処理を狙う構築に対する強さとHDを想定されにくいことによる見えにくい勝ち筋が非常に強力でした。

 

・エースバーン (キョダイ個体)
f:id:raltsZ:20201227002005g:image
持ち物:ラムのみ
性格:いじっぱり
特性:リベロ
実数値(努力値):155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)
技構成:かえんボール/しねんのずつき/すてみタックル/ビルドアップ

AS、余りD

受け.展開系の構築に強いため採用した。

持ち物は状態異常を嫌いラムのみ。

技構成ははがねに対する打点となりキョダイカキュウの媒体となるかえんボール、ドヒドイデへの打点としてしねんのずつき、ダイアタックの媒体となるノーマル技として命中安定のすてみタックル、崩しとしての性能を高めるビルドアップの4つを選択。とびひざげりが欲しい場面は多くありましたがとびはねるはそこまで必要無いと感じました。

配分はAS。カミツルギ以外に最速が活きないと感じたため性格はいじっぱりとしました。

特定の構築に対して非常に強く選出機会は少なかったものの必須のポケモンだったと感じます。

 

ナットレイ
f:id:raltsZ:20201227001338g:image
持ち物:たべのこし
性格:のんき
特性:てつのトゲ
実数値(努力値):181(252)-114-201(252)-x-137(4)-22 ※S個体値0~1
技構成:ジャイロボール/やどりぎのタネ/どくどく/まもる

HB、余りD

構築の補完として使用経験が多く信頼していたことから採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにたべのこし。

技構成はタイプ一致技としてジャイロボール、回復ソース.サイクル補助となる定数ダメージとしてやどりぎのタネ、崩しとなる定数ダメージとしてどくどく、上記の持ち物.技と相性の良くダイマックス枯らしとしても扱えるまもるの4つを選択。

配分はHB。無難に使いやすいと感じました。

定数ダメージによる有利サイクルと採用率の低いどくどくによる見えにくい崩しが強力でした。

 

[選出]

ウォッシュロトム+カバルドン+ミミッキュ
基本選出、確率が絡みがちだが多くの構築に五分以上で戦える。

カイリュー+ナットレイ+1
サイクルで勝てそうな時の選出、+1はカバルドンを投げることは少ない。

その他柔軟に選出。

 

[重いポケモンとか並び]

・くさ+いわ
エースバーンorミミッキュを気合で通す。

・ブリザポス
エースバーンを出せるならエースバーン、出せないならウォッシュロトム+ミミッキュで技を空かしながら削り切る。

ラティアス(ラティオス)
ミミッキュ以外で倒せない。

 

[結果]

"wish":最終6位.146勝79敗

f:id:raltsZ:20210101150518j:image
f:id:raltsZ:20210101150514j:image

 

[感想]

運良く最高最終順位を更新することが出来、非常に嬉しいです。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします、お疲れ様でした。

 

【SwSh.S10シングル】月読命サザンドヒド【最終80位】

 

TN:Xa でランクマッチに潜っていました。
S10最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20201001011606j:image

※レンタルチームは削除しました。

[構築経緯]

パッチラゴン.ウーラオスを縛りやすいこだわりスカーフ持ちとしてサザンドラから構築をスタート。

サザンドラがフェアリーを誘うためそれらに強くサイクルから負荷を掛けていけるドヒドイデを採用。

ドヒドイデがパッチラゴン.ドサイドン等に隙を見せるためそれらに強いポケモンとしてバンバドロを採用。

ナットレイ.ガマゲロゲ等が重いこと、キノコのほうしの一貫を切れることからナットレイを採用。

試運転していて毒無効な積みエースにドヒドイデが起点にされ負ける試合が目立ったためそれらを誤魔化せる可能性を持つフェアリー枠としてピクシーを採用。

ゴーストタイプが欲しかったこと、壁+αに抵抗したかったこと、ほのお打点が欲しかったことからシャンデラを採用。

 

[コンセプト]

・サイクルからサザンドラを通す。

・汎用性を損なわない程度に一般的な構成を避ける。の2点


[個体紹介] ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

サザンドラ
f:id:raltsZ:20200928020532g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:おくびょう
特性:ふゆう
実数値(努力値):167-112-110-177(252)-111(4)-165(252)
技構成:あくのはどう/りゅうせいぐん/ラスターカノン/とんぼがえり

CS、余りD

最も優秀なこだわりスカーフ枠と感じたため軸として採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ

技構成はタイプ一致のあく技としてあくのはどう、ドラゴン技としてりゅうせいぐん、フェアリーを削る手段.ダイスチルとして強力なラスターカノン、対面操作技としてとんぼがえりの4つを選択。ほのお技があればという試合もありましたがラスターカノン.とんぼがえりが非常に優秀だったため非採用としました。

配分はCS。火力.素早さ共にギリギリなため振り切りとしました。

こだわりスカーフによる柔軟な立ち回りとダイマックス技が誰も強い点が強力でした。

 

ドヒドイデ
f:id:raltsZ:20200928020712g:image
持ち物:くろいヘドロ
性格:しんちょう
特性:さいせいりょく
実数値(努力値):157(252)-83-177(36)-x-209(220)-55
技構成:どくづき/どくどく/じこさいせい/トーチカ

H:振り切り
B:ウーラオス意識で少し
D:11n最大

フェアリー.特殊全般に強めでサイクル適性のあるポケモンとして採用した。

持ち物は回復ソースとなり相手のこだわりトリックにリスクを掛けられるくろいヘドロ。

技構成はタイプ一致技としてフェアリーを強く意識してどくづき、崩し.削りの手段としてどくどく、回復技としてじこさいせいダイマックス枯らし.接触技にリスクを掛けられるトーチカの4つを選択。はがね.じめんに隙を見せる点が弱点ですがこの構築でねっとうは適していないと感じたため非採用としました。

配分はHDベース。サザンドラと合わせてウーラオスを誤魔化す試合が多かったため少しBに割いています。

どくを絡めたサイクルからサザンドラを通すプランとドヒドイデの突破手段を無くす2つの動きがどちらも強力でした。


バンバドロ
f:id:raltsZ:20200928020633g:image
持ち物:フィラのみ
性格:わんぱく
特性:じきゅうりょく
実数値(努力値):207(252)-145-167(252)-x-105-56(4)
技構成:じしん/ボディプレス/てっぺき/まもる

HB、余りS

環境トップメタのパッチラゴンに強めな物理受けとして採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにフィラのみ。

技構成はタイプ一致技としてじしん、後述するてっぺきや特性と相性の良いボディプレス、ボディプレスと相性の良く詰ませの手段として優秀なてっぺき、ダイマックスターン枯らし.様子見として有用なまもるの4つを選択。てっぺきの枠はねむる.がんせきふうじ.ステルスロックも試しましたが誰も使用感が悪く要検討だと感じました。

配分はHB。火力.素早さに振るメリットを感じなかったため振り切りとしました。

唯一無二レベルの対パッチラゴン性能とある程度火力.特殊耐久があるため撃ち合いにも参加しやすい点が非常に強力でした。


ナットレイ
f:id:raltsZ:20200928020302g:image
持ち物:ヨプのみ
性格:わんぱく
特性:てつのとげ
実数値(努力値):181(252)-114-201(252)-x-136-41(4)
技構成:パワーウィップ/ボディプレス/てっぺき/やどりぎのタネ

HB、余りS

ガマゲロゲ.ナットレイ等に対するタイプ受けとして採用。

持ち物は構築で重めなウーラオスを強く意識してヨプのみ。

技構成はタイプ一致のくさ技として火力の高いパワーウィップ、後述するてっぺきと相性の良くナットレイ.悪ウーラオスに撃てるボディプレス、ボディプレスと相性の良く詰ませの手段として優秀なてっぺき、サイクル補助.対数ダメージとしてやどりぎのタネの4つを選択。フェアリーはドヒドイデに相手をさせることが多いためジャイロボールは非採用としました。

配分はHB。ミラー意識で端数はS振りとしました。

ほのお技を持たないポケモンに対する撃ち合い性能とかくとう技で処理を狙うウーラオス等を誘殺しつつ自身or後発を通す動きが強力でした。


・ピクシー
f:id:raltsZ:20200928020206g:image
持ち物:たべのこし
性格:おだやか
特性:てんねん
実数値(努力値):202(252)-x-93-115-156(252)-81(4)
技構成:ムーンフォース/ねがいごと/めいそう/まもる

HD、余りS

ドヒドイデでは対処の難しい特殊ポケモンに強めな点を評価して採用した。

持ち物は回復ソースとしてたべのこし。

技構成はタイプ一致技としてムーンフォース、回復技として天候に回復力が左右されず後続を回復させることも可能なねがいごと、詰め筋としてめいそう、ねがいごと.たべのこしと相性の良くダイマックス枯らし.様子見としても扱えるまもるの4つを選択。

配分はHD。ウーラオスサイコショックに最低限抵抗するために少しBに割いても良かったかも知れない。

代わりを見つけられなかったことから最後まで使い続けましたが使用感が悪かったため変更するべきでした。


シャンデラ
f:id:raltsZ:20200928020433g:image
持ち物:きあいのタスキ
性格:ひかえめ
特性:すりぬけ
実数値(努力値):135-x-110-216(252)-111(4)-132(252)
技構成:だいもんじ/シャドーボール/エナジーボール/おにび

CS、余りD

受け思考では対処の難しいアイアント.ポリゴンZ.アーマーガア等に殴り合える性能を評価して採用した。

持ち物は行動保証が欲しいためきあいのタスキ

技構成はタイプ一致のほのお技としてダイバーンの火力の高いだいもんじ、ゴースト技としてシャドーボール、みず.じめんへの打点となるエナジーボール、物理への機能停止.定数ダメージとしておにびの4つを選択。

配分はCS。耐久に振るメリットが少ないため振り切りとしました。

ウーラオスの存在しない構築に対する初手からの削り.おにび展開と前のめりな構築に対する後発からのストッパー.詰め筋として非常に強力でした。

 

[選出]

サザンドラ+ドヒドイデ+バンバドロ
基本選出、サイクルを回しながらサザンドラの一貫を作ることを目指す。

ナットレイガマゲロゲ.ナットレイ
ピクシーはランクルス.ピクシー
シャンデラアイアント.ポリゴンZ
辺りがいる構築に出来る限り選出するようにしていた。

 

[重いポケモンとか並び]

・アーマーガア
サザンドラ.シャンデラ以外が後投げから起点にされるため重い、出来る限りサザンドラ+シャンデラ+1で選出することで最低限抵抗できるようにしていたが勝率は低い。

・受けループ
切りました。ナットレイやどりぎのタネを絡めてTOD、ピクシーにどく以外の状態異常を入れてめいそうの起点というパターンで勝てなくも無いが勝率は低い。

単体で重いポケモンは少なかったですが選出枠が足りずに何かしらを軽視せざるを得ない試合が多かったです。

 

[結果]

Xa:最終80位.80勝34敗

f:id:raltsZ:20201001120901j:imagef:id:raltsZ:20201001120905j:image

(最高レート↓)

f:id:raltsZ:20201001093722j:image

[感想]

最終盤にアーマーガアとマッチングする機会が増えていたのに処理ルートを増やさなかったのが反省点です。

最高レートから潜ったことに後悔はしていませんがやっぱり勝ちたかったです。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします、お疲れ様でした。

 

TN↓

【高音質】 Xa 音源 - YouTube

【SwSh.S9シングル】天照ギャラクシー【最終9位】


TN:lilyknight でランクマッチに潜っていました。
S9最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20200829024154j:image

[構築経緯]

754さんが配信で使用していたHDピクシー+HBウインディのサイクルに魅力を感じたためこの2匹から構築を組み始めました。
参考にさせて頂いた754さんの配信先
あさみとなごし - YouTube
754 (@dendemiha) 's Live - TwitCasting

この2匹では型の割れていないドラパルトやトゲキッス等への受けが難しく、初速が速くないことによる確率負けもあるためそれらを軽減出来るヒヒダルマ(ガラル)を採用。

ここまでで気になっていたみず.でんきの一貫を切ることが可能でサイクルに組み込みやすいトリトドンを採用。

ダイマックスして強く扱えるポケモンがいなかったためダイマックス時の性能が高くじめんの一貫切り、サイクルの幅を広げることが可能なギャラドスを採用。

重い受け構築やカバルドン+ギャラドスに対して刺せる可能性を持ちダイホロウの一貫を切ることが可能なカビゴンを採用。

※本romではゴースト枠が欲しかったためヒヒダルマミミッキュに変更していたこともありました。


[コンセプト]

・出来る限りサイクルする。

TODによる勝敗を常に意識する。の2点

 

[個体紹介] ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

・ピクシー
f:id:raltsZ:20200815154502g:image
持ち物:たべのこし
性格:おだやか
特性:てんねん
実数値(努力値):202(252)-x-94(4)-115-156(252)-80
技構成:ムーンフォース/ねがいごと/めいそう/まもる

HD、余りB

構築の組み始めであり殆どの構築に選出する。

持ち物は回復ソースとしてたべのこし。

技構成はタイプ一致技としてムーンフォース、回復技として天候に回復力が左右されず後続を回復させることも可能なねがいごと、詰め筋としてめいそう、ねがいごと.たべのこしと相性の良くダイマックス枯らし.様子見としても扱えるまもるの4つを選択。

配分はHD。少しでも耐久を削るとC振りポリゴン2ダイマックス技が怪しいため特化一択。

きょううんトゲキッス.物理ポリゴン2とマッチングする機会が増えていたのが向かい風な環境でしたが構築の核として殆どのポケモンを誤魔化してくれました。

 

ウインディ
f:id:raltsZ:20200815154426g:image
持ち物:フィラのみ
性格:ずぶとい
特性:いかく
実数値(努力値):197(252)-x-145(252)-121(4)-100-115
技構成:かえんほうしゃ/りゅうのはどう/おにび/あさのひざし

HB、余りC

ピクシーが明確に不利を取るトップメタであるエースバーン.ゴリランダーを意識した物理受けとして採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにフィラのみ。後述するカビゴンのためにオボンのみでは採用出来なかったが発動機会は多かったように感じる。

技構成はタイプ一致技としてかえんほうしゃ、ドラゴンへの打点となりダイドラグーンとしても強力なりゅうのはどう、物理への機能停止.定数ダメージとしておにび、回復技としてあさのひざしの4つを選択。

配分はHB。数値がギリギリかつミミッキュのSラインが速くなっていると感じたためHBに振り切った。

おにびの命中不安がネックですが、後述するギャラドスと合わせることで過労死を防いだりステルスロック+αに崩されるという試合展開になりづらかった点が強力でした。

 

ヒヒダルマ(ガラル)
f:id:raltsZ:20200815154237g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:いじっぱり
特性:ごりむちゅう
実数値(努力値):181(4)-187(76)-97(172)-x-76(4)-147(252)
技構成:つららおとし/ばかぢから/いわなだれ/とんぼがえり

A:11n
HB:A194ゴリランダーの+1GFグラススライダー15/16耐え 
S:準速

ドラパルト.トゲキッスに明確な打点を持ち相手の選出に影響を与えやすいこだわりスカーフ枠として採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフ

技構成はタイプ一致技として怯みが強力なつららおとし、ポリゴン2への打点となりダイナックルとしても扱えるばかぢから、リザードンを強く意識した岩技として怯みが強力ないわなだれ、対面操作技として優秀なとんぼがえりの4つを選択。耐久振りリザードンダイマックスまで考慮するなら岩技はストーンエッジの方がいい。

配分はBSベース。ゴリランダーに対して素引きしなければいけないのは動かしづらいと考えある程度Bに割いた。

選出機会は少なかったですが他5匹がある程度後投げ出来る性能を持っているため行動回数を稼ぎやすかったです。

 

トリトドン 
f:id:raltsZ:20200815154553g:image
持ち物:きあいのタスキ
性格:ずぶとい
特性:よびみず
実数値(努力値):218(252)-x-132(252)-113(4)-102-56 ※S個体値24~25
技構成:ねっとう/じこさいせい/カウンター/ミラーコート

HB、余りC
S:最遅59族-1 (タイプ:ヌル)

耐性が優秀な補完の受け駒として採用した。

持ち物は行動保証が欲しいためきあいのタスキ

技構成はタイプ一致の水技としてねっとう、回復技としてじこさいせい、物理技に対する遂行技としてカウンター、特殊技に対する遂行技としてミラーコートの4つを選択。型が認知されている点が弱点ですが役割から代わりとなれる技構成がとける+まもる(混乱実)程度しか思い付かず試運転していて微妙だったため上記の技構成を使い続けました。

配分はHB。S個体値を下げたことが活きる場面はありませんでしたがガオガエン.タイプ:ヌルの後攻から動くと分かっていることが重要でした。

想定以上にトリトドンの刺さる構築.選出が多く選出する構築を間違えなければ強力でした。

 

ギャラドス
f:id:raltsZ:20200815154653g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:いかく
実数値(努力値):171(4)-194(252)-99-x-120-133(252)
技構成:たきのぼり/とびはねる/じしん/りゅうのまい

AS、余りH

ダイマックス時の性能が高くサイクルにも組み込みやすい点を評価して採用した。

持ち物は火力を上げるためにいのちのたま。

技構成はタイプ一致のみず技としてたきのぼり、ダイジェットの元技としてとびはねる、パッチラゴン.ジバコイルへの打点となりダイアースとしても強力なじしん、強力な勝ち筋となりダイウォールとしても扱えるりゅうのまいの4つを選択。

配分はAS。HBカバルドンに対するダイストリームのダメージを意識していじっぱりで使用していたがギャラドスミラーでの同速が発生したりおくびょうトゲキッスが一定数いたことからようきでも良かったかもしれない。

ダイマックス時に明確に止まりにくく相手のダイマックスに対していかく.とびはねる.ダイウォールで誤魔化せる点が強力でした。

 

カビゴン ※通常個体
f:id:raltsZ:20200815154801g:image
持ち物:オボンのみ
性格:いじっぱり
特性:めんえき
実数値(努力値):236(4)-168(180)-105(156)-x-131(4)-71(164)
技構成:からげんき/かみなりパンチ/タネばくだん/はらだいこ

H:2n
A:+6タネばくだんでH215-B187カバルドンが確定1発
B:出来るだけ高く
S:無振り50族+1 (ラッキー.マリルリ)

選出画面でドラパルトのダイホロウに圧力を掛けることが出来る崩し枠として採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにオボンのみ。

技構成はタイプ一致技として状態異常でも機能停止しないからげんき、ドヒドイデ.ギャラドス.エアームドへの打点となるかみなりパンチ、カバルドン.ヌオーへの打点となるタネばくだん、崩しの手段としてはらだいこの4つを選択。はらだいこにエアームド後投げに対してダイアタック+ダイサンダーという行動を取るために通常個体で採用している。※+2ボディプレスを耐えない時の選択肢になる。

配分はASベース。個人的に欲しいと思ったAラインとSラインを確保しつつ余りを耐久に割いたらH=B+Dになった。

選出機会は少なかったですが選出出来た際は1匹で拾える試合も多く選出画面でも相手の行動に圧力を掛けていると感じたため構築に必要なポケモンだったと感じます。

 

[選出]

ギャラドス+ピクシー+ウインディorトリトドン
基本選出、初手ギャラドスで有利対面ならダイマックスも視野に入れながら数的有利を取る、不利対面なら出来る限りサイクルを回すことを目指す。TODになる試合も少なくないため意識して立ち回る。

カビゴン+2  
ドヒドイデが絡むような受け構築に選出、バルジーナ.ガラルサニーゴ.てんねんピクシー等を上手く絡められると勝てない点が欠点だがこのような試合になることは少なかったため勝率はかなり良かった。

その他柔軟に選出、ピクシー+ウインディ+トリトドンの受け3枚選出は弱いので出来る限りしないようにしていた。

 

[重いポケモン]

ルガルガン
サイクル系の構築で厳しいステルスロック撒きの中で1番きつい、大体初手から出されるのでギャラドスを合わせて対面ダイジェットで誤魔化していた。

エルフーン
明確な処理ルートが無いためTODすることが殆ど。

ポリゴンZ
ヨプのみ持ちにダイマックスされたら2匹近く倒される。基本的に対面寄りの選出をしていた。

ナマコブシ
特性:てんねん、技にカウンター+どくどくが合ったら誰も勝てない。

全体的に少ないけど一定数いるポケモンが厳しい印象でした。

 

[結果]

lilyknight:最終9位.109勝40敗

f:id:raltsZ:20200901121202j:image

f:id:raltsZ:20200901121207j:image

 

[感想等]

最終日前日に1位.2位を独占出来たりしてかなり自信があったですが最終日勝ちきることが出来ませんでした。

悔しい気持ちが大きいですが自分の実力からすれば出来過ぎだと思います、次チャンスがあれば勝ちたいですね。

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします。

 

【SwSh.S6シングル】アイヘギャラガルド【最終44位】

 

TN:miroir でランクマッチに潜っていました。
S6最終日に使用した構築を紹介します。

f:id:raltsZ:20200601083032j:image

[構築経緯]

元々使う予定だった構築(こだわりスカーフミミッキュ軸)で最終盤勝ちきれなかったので急遽構築を組み直した。

アイアンヘッドを採用したギャラドスギルガルドが環境に刺さっていると感じこの2匹からスタート。(理由は後述)

ギャラドス.ギルガルドのいずれかを通すためのクッションとしてカバルドンカビゴンを採用。

ここまでの4匹が物理に偏重していて初速も速くないため速い特殊枠としておにび無効な点とヒヒダルマに強めな点を評価して(こだわりスカーフ)ヒートロトムを採用。

対面選出を意識してミミッキュを採用していたが選出する機会が無くサザンドラ.ドヒドイデ入りに勝率が悪かったため(たべのこし)アシレーヌを採用した。

 

[コンセプト]
・汎用性.単体性能の高い環境メタ。
・見えにくい勝ち筋の押し付け。 の2点


[個体紹介] ※ミントを使用した個体はミント使用後の性格補正を記載しています。

ギャラドス
f:id:raltsZ:20200603064805g:image
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
特性:じしんかじょう
実数値(努力値):171(4)-194(252)-99-x-120-133(252)
技構成:たきのぼり/とびはねる/パワーウィップ/アイアンヘッド

AS振り切り、準速

技範囲.火力共に申し分無いダイジェットエースとして採用した。

持ち物は火力を上げるためにいのちのたま。

技構成はタイプ一致のみず技としてたきのぼり、ダイジェットの元技としてとびはねる、ウォッシュロトム.ラプラス等への打点としてパワーウィップ、対ミミッキュを意識したアイアンヘッドの4つを選択。高い制圧力を持つギャラドスミミッキュで止める構築.プレイヤーに対するダイスチルは見えにくい勝ち筋として機能し何試合も拾うことが出来た。

配分はAS特化。B振りラプラスをダイソウゲンで殆ど落とせることに魅力を感じいじっぱりで採用したがようきなら勝てた試合が無かったのでこの選択は正解だった。

序盤からの荒らし性能、終盤の全抜きのどちらも強力で軸として相応しい活躍をしてくれました。

 

ギルガルド
f:id:raltsZ:20200603065009g:image
持ち物:きあいのタスキ
性格:いじっぱり
特性:バトルスイッチ
実数値(努力値):135-112(252)-161(4)-x-160-112(252) ※シールドフォルム時実数値
技構成:アイアンヘッド/かげうち/せいなるつるぎ/つるぎのまい

AS振り切り、準速

流行していたアーマーガア+ピクシーのような並びに強いかつ使用率の高いポケモンにも後手になりにくい点を評価して採用した。

持ち物は行動保証が欲しいためきあいのタスキ

技構成はタイプ一致のはがね技としてノーリスクで選択出来るアイアンヘッド、先制技としてかげうち、かくとう技として詰ませに抵抗出来るせいなるつるぎ、後述するポケモンのあくびと合わせて強力な勝ち筋となるつるぎのまいの4つを選択。HDまもるピクシーの増加からノーリスクではがね技を選択出来る必要があったためアイアンヘッドは非常に強力な技でした。

配分はAS特化。後述するカバルドンと合わせてミミッキュを処理しやすくなる準速で拾える試合がかなり多かった。

崩し性能.対面性能が高く、あくびからの全抜き.ラムのみへのストッパーとして活躍してくれました。


カバルドン
f:id:raltsZ:20200603064126g:image
持ち物:オボンのみ
性格:わんぱく
特性:すなおこし
実数値(努力値):215(252)-133(4)-169(124)-x-108(124)-68(4)
技構成:じしん/がんせきふうじ/あくび/ステルスロック

HB:A211ヒヒダルマのつららおとし確定耐え(ガラル.ごりむちゅう)
HD:C177サザンドラの+1りゅうせいぐん確定耐え
S:ミラー意識

ミミッキュに基本的に後投げでき、でんきの一貫を切ることが出来るクッションとして採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにオボンのみ。

技構成はタイプ一致技としてじしん、浮いてるポケモンへの打点になりミミッキュ等に有効なS操作技としてがんせきふうじ、対面操作.詰め.積みへの補助としてあくび、定数ダメージとしてステルスロックの4つを選択。ふきとばし.なまけるも強力な技ではあるがこの構築においてはミミッキュへの処理ルートを広げられるがんせきふうじ一択だと考えている。

配分は多くのポケモンに行動するために耐久ベース。B振りのお陰で拾えた試合がかなり多かった。

あくび+ステルスロックによる独自の性能と対ミミッキュへの処理が楽になるクッションとして非常に優秀でした。

 

カビゴン ※キョダイ個体
f:id:raltsZ:20200603065309g:image
持ち物:フィラのみ
性格:わんぱく
特性:くいしんぼう
実数値(努力値):263(220)-130-128(252)-x-135(36)-50
技構成:からげんき/ヒートスタンプ/れいとうパンチ/あくび

H=B+D

特殊に比較的強く、ゴーストの一貫を切ることが出来るクッションとして採用した。

持ち物は行動回数を稼ぐためにフィラのみ。

技構成はタイプ一致技として状態異常で機能停止しないからげんき、ドリュウズ.ナットレイへの打点としてヒートスタンプ、ドラパルト.トゲキッスへの打点としてれいとうパンチ、対面操作.詰め.積みへの補助としてあくびの4つを選択。

配分は多くのポケモンに行動するために耐久ベース。クッションではあるもののたべのこし型で無く技範囲の広いことから殴る試合展開になりやすいため火力に振るべきだった。

たべのこしが発動しないことであくびのケアを薄くさせることが出来る点が強力でしたがミミッキュに後手になる点がマイナスでした。

 

ヒートロトム
f:id:raltsZ:20200603070045g:image
持ち物:こだわりスカーフ
性格:おくびょう
特性:ふゆう
実数値(努力値):127(12)-x-127-156(244)-127-151(252)
技構成:オーバーヒート/ボルトチェンジ/イカサマ/トリック

H:16n-1
HB:A142ミミッキュのいのちのたま130ダイホロウを確定耐え
S:最速

特殊枠としておにび無効かつヒヒダルマに強めな点を評価して採用した。

持ち物は上から行動回数を稼ぐためにこだわりスカーフこだわりスカーフ以外のヒートロトムは上から縛られる展開になりがちで自分には使いこなせないと感じました。

技構成はタイプ一致技としてオーバーヒート、対面操作が可能なタイプ一致技としてボルトチェンジ、ドラパルトや物理への打点としてイカサマ、崩し.詰めが可能なトリックの4つを選択。

配分はほぼおくびょうCS特化。相手のロトムに対して上から行動出来る前提で立ち回るために最速とした。A個体値0で使用していたがダイアークを選択するような試合は起きなかったのでA個体値31にしなくて良いと思います。

クッションを絡めることで選出しやすくノーマル技を採用したたべのこしカビゴンとマッチングしなかったことからかなり使用感が良かったです。

 

アシレーヌ
f:id:raltsZ:20200603071651g:image
持ち物:たべのこし
性格:のんき ※ずぶとい推奨
特性:げきりゅう
実数値(努力値):185(236)-x-138(252)-146-139(20)-72
※実際にはS実数値69で使用したかった
技構成:ねっとう/ムーンフォース/みがわり/めいそう

HB:A114最遅ナットレイのジャイロボールをみがわりが15/16耐え ※S69なら確定耐え

フェアリー枠として受け構築に強めかつ受け構築の潰し枠として採用されがちなヒヒダルマ.ドラパルトにも弱く無い点を評価して採用した。

持ち物は回復ソースが欲しかったのでたべのこし。

技構成はタイプ一致のみず技として追加効果の強力なねっとう、フェアリー技としてムーンフォースダイマックス枯らし.低火力ポケモン等に有効なみがわり、崩し.詰ませの手段としてめいそうの4つを選択。

配分は起点にする範囲を広げるためにHBベース。くさ技の無いHBナットレイを起点にするためにSを下げてみたが勝ちに繋がることは無かった。最終日の夕方に思い付き育成する時間が無かったため妥協個体となっている。

殆ど選出せずドヒドイデ入りにTOD勝ちした1試合しか活躍していないのでこの構築では他のポケモンでいいです。型としては追い風環境だったので活かしきれなかったのが勿体ないです。

 

 

この構築での対戦数が少ないため選出や重いポケモンは簡単に、ウォッシュロトムが重くカビゴン選出時にミミッキュがどうしようも無いのでアシレーヌの枠をコットンガードエルフーンに変更するべきだった気がする。

体感多かった選出はヒートロトム+カバルドン+ギルガルド

 

[結果]

miroir:最終44位.76勝25敗
※この構築はレート2007から使用、18勝8敗でレート2133

f:id:raltsZ:20200808172937j:image
f:id:raltsZ:20200808172934j:image

 

[感想]

最終日前日までの取り組みが悪かったのがただただ反省点です。エースバーンの倒し方が分からないんですけどS6最終日が楽しかったのでS7もやってそうです。

最終日の対戦履歴↓

パージュ (@tumteria) 's Live - TwitCasting

質問等ありましたらこの記事のコメント欄かTwitter:@tumteriaまでお願いします。

ここまでの閲覧ありがとうございました。